特設ページヘッダ画像

このページは『双龍門気功法』参加者限定の特設ページです。動画だけでお伝えできなかった事や補足情報などを随時更新しています。

更新情報

  • 2014/12/02 第6回オフラインイベントリンク追加
  • 2014/12/01 ページ作成。

双龍門気功法 動作補足

■『双龍門気功法』準備功

■『双龍門気功法』Aコース

タントウコウ壱の型

  • 息を吸うときにお尻の穴もしめるようにして下さい。
  • 4秒かけて息を吸いながらお尻の穴もしめ、4秒間止めて(お尻もキープ)、4秒かけて息を吐きながら、お尻の穴も緩める様にして下さい。
  • 腕はまるく構えるのではなく、自然に降ろした状態で、脇に拳1つ分くらいのボール(ソフトボールのボールくらい)を抱えるようにしてください。
  • 体重をやや前方にかける分、ヒザは親指より前にでます。

タントウコウ弐の型

  • 息を吸うときにお尻の穴もしめるようにして下さい。
  • 4秒かけて息を吸いながらお尻の穴もしめ、4秒間止めて(お尻もキープ)、4秒かけて息を吐きながら、お尻の穴も緩める様にして下さい。

タントウコウ参の型

  • 息を吸うときにお尻の穴もしめるようにして下さい。
  • 4秒かけて息を吸いながらお尻の穴もしめ、4秒間止めて(お尻もキープ)、4秒かけて息を吐きながら、お尻の穴も緩める様にして下さい。
  • 意識はへそから指4本下の”関元”か、左右それぞれの親指を意識するようにしてください。
  • 虎を支える方の手の位置は、おへそのやや上になります。重心は後ろ8:前2です。前のめり、後ろのめりにならないようにしてください。
  • がに股ではなく、やや内側に重心をかけるようにしてください。

■『双龍門気功法』Bコース

セイシュ

虎の目

  • 手を前に出すと同時に、しっかりと目を見開く事を意識してください。
  • 眉毛を上げる様にすると自然と目も開きます。

シュー発声法

  • 音を出しながら息をはききってください。
  • 目安として、4秒かけて音を出しながら身体をひねり、4秒かけてもとの位置に戻すようにして下さい。

チュー発声法

  • 音を出しながら息をはききってください。
  • 目安として、4秒かけて音を出しながら身体をおとし、4秒かけてもとの位置に戻すようにして下さい。
  • また、できるだけかかとはつけた状態で行って下さい。(足首が痛い場合は最後まで足を曲げなくても大丈夫です、音が最も重要です。)

開合試力

  • 大きな円をかくように手を広げながらおろすようにしてください。
  • 呼吸は吸って吸って吸って、で手を広げ円をかきながら足を曲げ、手も閉じて、吐いて吐いて吐いてで、元の位置に戻すようにしてください。

ねじり返り功

  • 4秒かけてゆっくりと息を吸いながら、回る方と逆側の足のかかとを見たあと、4秒かけてゆっくりと元の位置に戻す様にして下さい。

■『双龍門気功法』ABコース以外

練りテンシケイ

  • 左右交互に動作しますが、片側ずつ6秒〜8秒ほどかけてゆっくりと動作するようにしてください。
  • 本来は意識するツボとして、”関元”->”会陰”->”長強” と動かしながら行うようですがかなり難易度があがるので、まずはゆっくり動作する事に徹し、慣れてきたら444の呼吸を取り入れる様にしてください。
  • 無限大の形(8の字)を心がけてください。

開合テンシケイ

  • 左右交互に動作しますが、こちらも片側ずつ6秒〜8秒ほどかけてゆっくりと円をかくようにしてください。
  • 左側でゆっくり大きく円を描き、円を閉じてから、次に右側の円を描くようにし、左右交互に行ってください。

絶倫気功

  • 意識は長強(尾骨尖端(でっぱり)と肛門の間の中点)においてください。
  • zetsurin

  • 他のタントウコウと同様、足は肩幅、背筋は伸ばして目線は前にします。
  • 大木を抱えるようにポーズを取り、手足は太ももと床が平行になるようにしてください。

■『双龍門気功法』収功

  • 収功2は、両手を頭の上にあげ、円を9回描きますが、”天”から見て時計回りに回してください。(自分から見ると反時計回りになります。)
  • 収功3は、男性は左手をたてて、右手の親指で、左手の手のひら(労宮というツボ)を押す様にしてください。女性は逆に、右手をたて、左手の親指で労宮を押さえる様にしてください。

質疑応答

■第4回『双龍門気功法』質疑応答

■第5回トレーニングセッション質疑応答

グランドマスター不在でしたが、美竹先生がお見えになられていた事もあり、複数質問がやりとりされていましたので、一部ご紹介します。

Q.気功をやっていると身体の内側は暖まるけど身体の外側が冷える理由は?
A.腎が弱いとそうなります。タントウコウで腎を気を蓄えていけば改善していきます。

Q.収功は動作と意識、どちらが大事ですか?
A.気を丹田(関元)に集めるという意識が重要です。そうしないと気が散ってしまい、効果がなくなってしまいます。

Q.時間が短い場合どのように行えばいいですか?
A.準備功->本功->収功は必ず行ってください。最も重要なのは収功です。本功では1動作あたり2分くらい実施してください。

  • 準備功(2分)->セイシュ(2分)->収功(2分)
  • 準備功(2分)->虎の目(2分)->収功(2分)
  • 準備功(2分)->タントウコウ壱の型(2分)->収功(2分)
  • など。

『双龍門気功法』習熟度目安

『双龍門気功法』の習熟度目安をまとめておきます。

Step1.形を真似する

まずは動作を覚えます、自然呼吸で大丈夫です。

Step2.呼吸を合わせる

指定された時間にあわせて呼吸を合わせます、はじめはストップウォッチなどで4秒など測る事をお勧めします。

Step3.意識もあわせる(無心になる)

タントウコウは”立禅”ですので、集中力が上がる程に無心に近づいていきます。煩悩・雑念がなくなる感じでしょうか。

Step4.気を感じる1

しばらくすると両手にビリビリと電気のような感覚を覚えると思います。

Step5.気を感じる2

ある程度鍛錬すると、気功をやっていない状態でも、両手を近づけるだけでビリビリと感じる事ができるようになります。グランドマスターによれば、手のひらのツボ”労宮”が敏感になっている証拠だそうです。

P1010187

この先もステップがありますが、追って詳細をご紹介させていただきたいと思います。

Step6.気をあばれさせる

秘密合宿で体験しました。身体があばれ馬のように勝手に動きます、身体の悪い所ほど反応がでます。気が流れ出すと身体が勝手に動き出します。

>>参考記事:ついに体感した”あばれ馬気功”

Step7.気をコントロールする

気が巡った状態で、身体の一点に気を集め、それを動かす事で全身にくまなく気を循環させる事ができます。

StepX.人間レントゲン

手をかざすだけで相手の身体の悪い所を感じることができるようになります。

StepX.人から気を抜いたりあげたり

もはや謎の世界です・・

オフラインイベントの感想集

>>第4回トレーニングセッションのアンケート内容

>>第6回トレーニングセッションにて

双龍門気功法以外の情報

2014年6月 グランドマスターへのインタビュー動画

>>モテる男の肝腎気功強化部・情報集【Google スプレッドシートにジャンプします。】

おまけ

『双龍門気功法』公式PV

筋トレ16のデメリット・気功の5つのメリット

>>『双龍門気功法』誕生秘話(mp3ファイル)
>>Facebookグループ:【秘】モテる男の肝腎気功強化部
>>週刊モロハシ!まとめページ【東洋医学研究所にジャンプします】

モテる男の肝腎気功強化部十ヶ条

一、モテる男は『双龍門気功法』で日々『肝』『腎』強化に励む。

一、モテる男は世界中どこにいても内臓強化を怠らない。

一、モテる男はロマンをロマンで終わらせない。

一、モテる男はお土産をもらったら一口食べてゴミ箱に捨てる。

一、モテる男は新・3大悪の帝国には屈しない。

一、モテる男は100冊の自己啓発本より内臓強化を選ぶ。

一、モテる男はガチで本気出す。

一、モテる男は、ダークモカチップフラペチーノのようなノイズだらけではなく、エスプレッソのような純粋かつ濃厚な時間の使い方をする。

一、モテる男は未知の世界を楽しめる。

一、モテる男の健康とは、病気ではない事ではなく、体中からやる気が満ち溢れ根拠のない自信に覆われ、あっという間に全てこなしてやろうという気迫に満ちている状態の事をいう。