モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

3日坊主から脱却し有言実行のモテる男へ上り詰める方法

20141007

「肝臓腎臓強化部向けの動画、どういうのがいいか、認識あわせしませんか。」

東洋医学研究所:研究員の紅夏さんからの依頼を受け、突発でイントロ動画を作成。

金曜日の夜にSkypeで相談して、翌日土曜の夜には動画完成。

早速ご覧頂きたい。

わずか20数秒の映像に対し、かかった時間はだいたい6時間。

長いのか短いのかなんともな時間ではあるものの(体感ではあっという間だったけども)、

紅夏さん依頼の土曜日中というリクエストにはどうにか応えることができた。

使ったソフトはMacのMotion5。

実を言えば今年の8月頃に入手してはいたものの、まるで手をつけておらず、まったくもって使い方を知らなかった状態から。

とあるサイトでテンプレートを入手し、試行錯誤であれやこれや試すうちに、どーにか形にする事ができた。

6時間の最中は、コーヒーブレイクとトイレ休憩以外は作業に没頭。

200%の集中力と継続力で持ってMacに向かう。

音声編集して文字構成考えて動画編集して写真サイズ変えてボカシ入れたりなんやらかんやら。

休日対応ではあったけれど、本業の仕事よりも集中していたかもしれない。

それだけの集中力、判断力を備えたのももちろん、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に取り組んでいればこそ。

『双龍門気功法』に含まれる『タントウコウ』や『虎の目』でひたすら肝臓腎臓を鍛えていると、いつのまにか集中力、継続力がベースアップしている事実に気づく事ができる。

集中力や継続力がないと、なにをやっても3日坊主になっちゃうから。

左手にビール、右手にハイボールを持って「なんかいいことないかな~」と言いながらネットをだらだら見たり、某セクシー系サイトで数時間も時間を浪費して、気づいたら1日が終っていた日々が今では懐かしい。

当時はYoutubeに動画を上げようと思ったことすらなかったし、当然Youtubeにアップする方法も知らなければ、クオリティを追求する事なんて信じられない事で。

それが今や、どーにか形にするまで仕上げるという自信がでてきた。

やはりモテる男たるもの、有言実行でなければね。

Youtubeで動画を公開する!っと言えば、例え前提知識がゼロであっても、意地でも公開まで持っていかなければ。

“想いを形にする”

その原動力となる集中力や継続力をてっとり早く身につけたいとしたら、やはり『双龍門気功法』に取り組む事こそが、遠いようで一番の近道なんじゃないだろうか。

想いを形にできる、有言実行なモテる男を増やすため、これからもますます情報発信に力を入れなければと再認識したのだった。

PS.

動画の中でも紹介しているFacebookグループ『肝臓腎臓強化部』はこちら。

肝臓腎臓強化部に参加する