モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

黄 龍英先生の治療実績のある症状例

血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、

眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血

白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害

統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群

木村病、橋本病、バセドウ病、がん、他

実は、双龍門第76代継承者:黄 龍英先生は、昨年お亡くなりになった、総資産3,500億円の大富豪として有名な、故、邱永漢(きゅうえいかん)さんの主治医でもあった。