モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

集中力向上のためにモテる男が取り組む事

aoki20140502
集中力向上。

これは人類の永遠のテーマかもしれない。

仕事、学校、恋愛。

年齢、性別、趣味、職業に限らず何かに取り組むにあたり、大きな成果をだすために必要な要素を上げるとしたら、実はもっとも重要な要素なんだろう。

最近はゾーンという言葉もでてきたけれど、ただひたすらに集中し、没頭し、何時間たっても集中を切らさず継続できる状態が、自在につくれたら。

モテる男が取り組む東洋医学を源流とする『双龍門気功法』は、その難題に果敢に挑める存在である事は間違いない。

最近行っているVlog編集も、双龍門第76代師範代:黄龍英先生とのSkype講義も、気づけば数時間単位であっというまに時間が過ぎる。

まさに”ゾーン”に入っている感覚を実感する。

集中力向上にはセットとして”好奇心”が不可欠だが、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』は肝臓腎臓を愚直に鍛錬する事で、内なるやる気や好奇心、向上心などもふつふつと沸き上がってくるのだ。

=========

- 『肝』・・判断力、計画性、ストレス耐性、決断、勇気
- 『腎』・・継続力、生命力、思考力、記憶力、ボケ防止
- (あわせて行動力やポジティブ思考)

己のロマン達成に挑むため、いかに集中力向上を図りながら事を成すか。

思い通りに集中力を発揮し、思い通りに目標を達成する。その原動力、エンジンとなるのが東洋医学を源流とする『双龍門気功法』なのだ。

『双龍門気功法』レポート(PDFファイル)