モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

視力低下の原因を受け入れられるかどうか

aoki20140424

「30代・・・40手前くらい・・ ・・急にドライアイ・・ あと乱視・・・」

<

p style=”margin-top: 2em;”>

東洋医学を源流とする『双龍門気功法』により、俄然集中力をまして仕事をこなしている最中、後ろの席の男性二人が話し込んでいてた。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
ちらりと聞こえてきた言葉はドライアイ。仕事上ドライアイという言葉を使う事はないので、目の悩みの相談だろう。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
一人はアラフォー、もう一人は推定45歳あたりだろうか。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
かすかに聞こえた言葉の断片から、最近目の疲れが増してきた事が伺える。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
どちらも現役バリバリに活躍。一人はイギリスへの語学留学の経験があり、英語がペラペラだ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
秀才で、帰国子女で、優秀社員賞をとった男であっても、視力低下し、ドライアイ、乱視など、目の悩みはつきものということか・・・

<

p style=”margin-top: 2em;”>

視力低下の原因を受け入れられるかどうか

<

p style=”margin-top: 2em;”>
東洋医学の原理原則を知り、目と肝臓がつながっている事を知っているモテる男として、颯爽と振り向き、彼らに真実を伝える事は、もちろん出来ない事はない。が、

<

p style=”margin-top: 2em;”>
「目の悩みですね。それは肝臓が原因ですよ。肝臓鍛錬すれば治癒できますよ。」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
と伝えた所で、ほとんどの人は ポカーン となってしまうだろう。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
人によっては、何やら怪しい宗教でも始めたのかと思うかも知れない。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
目と肝臓が繋がっている事なんて、東洋医学を知らない人にとっては完全な非常識なのだから。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
ちょうど、双龍門第76代師範代:黄龍英先生と初めてお会いした時の僕のように。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
青木「ドライアイが気になりますかね〜。」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
と言った刹那、黄龍英先生が「あ〜そんなの(楽勝)。」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
とさらりと答える。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
青木「そ、そうなんですか!?あ、あとは乱視も・・・」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
黄龍英先生が「あ〜簡単。」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
さらりと即答で答える黄龍英先生。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
黄龍英先生「Mさんの斜視を治してあげたいんだけどね〜」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
「斜視って、テリー伊藤みたいな目の人ですか、あれも治せるんですか!?」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
黄龍英先生「そ、そ(できちゃうよん。)」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
青木「ぽかーん。」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
もはやなんでもありだった。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

肝臓の調整で目が治癒するだなんて、新手の魔術かなにかだと思えなくもないが、現に東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に取り組む事で、徐々にではあるが目が疲れにくくなり、目薬の量が随分減った事はもちろん、

<

p style=”margin-top: 2em;”>
モテる男も肝臓腎臓強化部でも初期の老眼が治り、目がくっきりし、さらには目の下のクマ太郎すら手なずける事ができたと、様々な体験談が報告されている。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
視力低下の原因を受け入れられるかどうか。そしてしっかりと肝臓鍛錬できるかどうか。それが視力低下の改善につながり、ひいては目で悩まないモテる男となっていくのだろう。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

『双龍門気功法』を習得する(PDFファイル)