モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

精神保健委員会のいいなりにならないのがモテる男

aoki20140412

ドラッグ帝国の行脚は今日も淡々と続いている。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
日本医師会の精神保健委員会は2014年3月、学校と精神科医のルートを確立するがために答申を日本医師会の横倉義武会長に提出したそうだ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
答申の内容を抜粋すると、

<

p style=”margin-top: 2em;”>

====
提言

<

p style=”margin-top: 2em;”>
■学校医の研修

<

p style=”margin-top: 2em;”>
学校医がメンタルヘルスの専門家でなくても学校精神保健の要であり,養護教諭などの実務をバックアップして,地域の精神科医との連携を図る必要があるとの認識を促す。その際に,以下が修得できるようにする。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
1.精神科医に早期に紹介すべき状態の判断:精神病症状を有する場合,自殺の危険性がある場合,向精神薬による治療効果が期待される場合

<

p style=”margin-top: 2em;”>
2.児童生徒のメンタルヘルスに関する基本的理解:精神発達に対応したメンタルヘルスの問題があること,発達障害及び連続する発達特性が影響すること,対応に際しては家庭と学校との連携が重要であること

<

p style=”margin-top: 2em;”>

という内容。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
研修というのはもちろん、東洋医学・陰陽五行説に基づいた食生活の改善と『双龍門気功法』で内臓の鍛錬を通じて活力をたぎらせ、研ぎすまされた集中力と継続力で精力的に授業に取りくみ好成績をたたき出し、夜もパワフルに初恋の相手と楽しみながら大人の階段を昇るための内容、ではなくて、

<

p style=”margin-top: 2em;”>
病気をつくって新薬をつくって患者を薬漬けにしてうつで眠れない難民を増やし続ける西洋医学に基づいたもの。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
そういえば最近も統合失調症の新薬で4ヶ月で17人も死亡した「ゼプリオン」という情報もあったり。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
この答申に基づき学校医と精神科医ががっぷり四つにスクラムを組めば、生徒はどうなるかというと、

<

p style=”margin-top: 2em;”>

  1. 学校の先生に相談する
  2. 学校医「ちょっと疲れているわね、精神科医を紹介するわね」
  3. 精神科医「少しうつの症状があるね。お薬だしておきますね。」
  4. 精神科医のやりたい放題でうつのデフレスパイラル突入

といった具合。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
親身になって相談しても、最終的な解決方法がクスリしかないってのが西洋医学の特徴だ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
東洋医学をベースにしたセルフヘルプなら、クスリに頼らず完治できるのに。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

仮にモテる男が答申を作成するとしたら、

<

p style=”margin-top: 2em;”>

  1. 精神科業界の問題についての研修
  2. 薬を使わず体調を整えるセルフヘルプ方法を伝授
  3. 東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で内臓鍛錬して活力アップ

これだけ。極シンプル。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
これからも、製薬業界、西洋医療業界、クスリの元になる石油業界を3つの柱とするドラッグ帝国の攻勢は続く。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
決して精神保健委員会のいいなりにならず、テンションが上がらなくても薬に頼らないセルフヘルプに徹しながら、あわせて東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で内臓鍛錬を通じ、心身ともに活力溢れる日々を送る、それこそが、モテる男である証なのだ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

東洋医学と西洋医学のスペシャリスト 現役精神科医:木村たかし先生の、西洋医学だけでは治せない本当のうつ病セルフヘルプが分かる30日メール講座

<

p style=”margin-top: 2em;”>
-> うつ病セルフヘルプ30日メール講座

<

p style=”margin-top: 2em;”>

参考元

<

p style=”margin-top: 2em;”>
教育現場のメンタルヘルス「学校医が要」-日医委員会答申、かかりつけ医に生涯教育も

精神保健委員会 答申

4か月半で17人死亡例の統合失調症薬「ゼプリオン」に注意喚起

<

p style=”margin-top: 2em;”>
###モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する