モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

筋肉自慢よりも内臓自慢なのがモテる男

aoki20140413
先日思わず目をひかれる記事を発見した。

腹筋自慢は最終面接へどうぞ 内装会社がマッチョ枠

<

p style=”margin-top: 2em;”>
腹筋の回数と片足立ちのバランス感覚次第で最終面接まで進めるらしい。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
まだまだほんの小さな動きだけれど、これが徐々に認知されてくると面白くなりそうな気配。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
昨今のグローバル化にともない、就職活動、雇用体系も少しずつ変化している。学歴さえあれば採用されるというわけではなく、企業側も少しずつ認識が変わっているようだ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
現に今では東大や京大ですらニートが生まれ、いわゆる成功者の中には中卒もたくさんいる。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
学歴以外の基準、例えば筋肉、というのも、新しい価値観の一つとして十分にありえる。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
確かに筋肉というのは東洋医学的にもビジネスマンには必須で、例えば太ももを鍛える事で集中力や持久力を備える事ができるし、瞬発力、フットワークの軽さ、耐久力などもつながってくるが、一方で、筋肉モリモリを維持するにはいくつも弊害がある。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

  • 筋肉を維持する為の消化器系への負担
  • プロテインの飲み過ぎで肝臓腎臓への負担
  • 筋肉維持のための時間
  • 筋肉維持のための出費

などなど。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
筋肉は必要。けれどやりすぎないという、中庸的なちょうどいいバランスが必要なのだ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
ではどうすればいいかというと・・

<

p style=”margin-top: 2em;”>

そう、

<

p style=”margin-top: 2em;”>

もちろん、

<

p style=”margin-top: 2em;”>

ドドーン!

<

p style=”margin-top: 2em;”>
『双龍門気功法』の出番だ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

東洋医学を源流とする『双龍門気功法』では、主に肝臓と腎臓を中心に内臓を鍛える事に主眼を置いているが、その過程においておのずと筋肉トレーニングも行われる事になる。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
太ももでいえば、肝臓強化の『カイゴウシリョク』や腎臓強化の『タントウコウ』などで十分に鍛錬が可能だ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
1日わずか30分続ける事で、ビジネスマンにとっては必須能力である、

<

p style=”margin-top: 2em;”>

  • 集中力
  • 持続力
  • モチベーションアップ
  • 思考力

などを鍛える事ができる。さらには精を主る腎臓のトレーニングを通し、夜の生活にも華が咲くようになり、陰陽のように昼と夜のモチベーションの循環がおこるようになり、ますますポジティブに日々を送れるようになる。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
これから面接に挑む若手にはぜひとも筋トレよりも東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に取り組んで頂きたい。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
内臓鍛錬に合わせ数々の効果を体感していくなかで、自らのロマンに合致するだけの企業に就職する事だって、十分にありえるのだから。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

###モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する