モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

第6回トレーニングセッションにて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年11月29日。

第6回トレーニングセッションが東京は秋葉原で開催。

当日はグランドマスターも降臨。

東洋医学でいうところの気・血・水を循環させるという事がいかに大事な事かお伝えさせていただいた。

抜粋すると、気・血・水の流れが滞る事でかゆみや痛みが発生する。目にでれば視力や目の病気に、皮膚にでればかゆみやアトピーに、下半身にでれば筋肉がひきつったり、夜の生活がパワーダウンしたり。

放っておけばガンになったり。

気・血・水をしっかり回し、ガン予防も兼ねつつ、集中力、持続力、精力、視力等様々な向上も同時に目指すのが『双龍門気功法』の目的なのだ。

文字通り、一生取り組むに値する運動だろう。

気が流れているかのバロメーターとして、『双龍門気功法』を継続していれば、手を近づけるだけでビリビリを感じれるようになってくるが、

当日参加された方に、これまで『双龍門気功法』実践時に、手足にビリビリと電気のようなものを感じた事があるか尋ねると、ほとんどの方がまだ感じていないという事だったので、

今回は腎強化『タントウコウ』をみっちり行う事に。

姿勢や呼吸などの注意点などをお伝えしつつ、グランドマスターからの直のご指導もあわせて一人一人に細かく伝授。

ストップウォッチにあわせてカウントし、皆で呼吸を合わせながらゆっくりと実施。

“立禅”という言葉通り、途中からはそれぞれが目をつぶり精神集中。

『タントウコウ』だけで合計約50分みっちりと取り組んだおかげか、参加された方からビリビリと気を感じてきたと報告があったり。

その後も功法を一つ一つ確認しながら、取り組んでいただくことができた。

やはり参加された方としっかり対話しながら進められるというのはいいね。

参加された方からもほぼほぼ好評を頂くことができた。

▼体験後のアンケート抜粋

・I.Sさん
細部まで見ていただけて参加してよかったです。呼吸も分からない事が多かったので理解が深まりました。ありがとうございました。

・T.Yさん
毎朝、気功体操は日課でやっていますが、朝なので10〜20分のみやってますので、今日のみっちり版はハードでした。でも気持ち良かったです。

・Y.Rさん
細かいところで自己流になっているところがあり、確認できたのはとてもよかったです。終わった後はいつもより頭がすっきりして、視界がとてもクリアーでした。

・K.Mさん
動作で動画では角度的に見えなくて理解できていない所ができるようになった。

・N.Hさん
始めて参加しました。実際にフォームの直しなどしていただいて、役にたちました。

・Y.Yさん
最近双龍門気功法を再開したのですが、自分一人でやるとは異なりグループでやる気功は全然パワーが違いますね。このパワーを家に持ち帰って、明日からも気功を続けていきます。

・K.Yさん
とても良かったです。動画を見てまねしてましたが体重のかけ方や膝の曲げ具合、手の位置等直して頂いて良かったです。

・K.Hさん
フォームの確認ができてよかっった。ゆっくりやるとキツかったですが、指先にピリピリするものを感じることができた。ありがとうございました。

・K.Tさん
昨日かって本日いきなり2時間はきつかったです。毎日やってくと姿勢がきつい分我流になりそうなので定期的にやって下さい。

・Y.Tさん
途中から足のプルプルが気持ちよくなっていました。

▼今後の要望

・I.Sさん
今回のような少人数で見ていただけるとうれしいです。

・N.Mさん
今日みたいにお願いします。

・T.Yさん
色々やるよりも今回の様にじっくりやった方が良いです。あと、グランドマスターのお話の時間がもっとあるとうれしいです。

・Y.Rさん
今回のような少人数でやっていただくととてもうれしいです。

・K.Mさん
時間の配分についてもう少し質問や確認する時間が欲しかった。

・N.Hさん
また参加したい。

・Y.Yさん
大勢で行う気功がとても良かったので、また参加したいと思います。

・K.Yさん
動画も含めてですが前からと横からも見せて頂けるととても助かります。

・K.Hさん
定期的に開催していただくとペースメーカーになるので助かります。

・K.Tさん
後列の方だと声がきこえにくいのでマイクか何かを使ってくれるとありがたいです。

少人数でよかったという意見も多かったので、今後しばらくは少人数でみっちりお伝えしていく方針になりそう。

来年は大阪や他の都市も含め定期的に開催できるようスケジュール調整中、また追ってご連絡とさせていただきたい。

参加された皆さん、お疲れ様でした!そしてありがとうございました!

>>東洋医学研究所公式メールマガジンに無料で登録する<<