モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

社内恋愛の暴露トークを控えるのがモテる男

SONY DSC

「仕事のストレスで痩せそうでしたので、美味しそうなお菓子嬉しいです。大事に頂きます。」

毎年恒例ホワイトデーで、男性陣からのプレゼントを手にした後、鹿児島育ちのほんわか系アラフォー女子、通称ミキティーからメールが届いた。

ミキティーと言えば、飲み会の時は決まって芋焼酎の黒霧島を手放さず、飲めば飲む程暴露トークが冴え渡り、

過去の社内恋愛暦をさらっと暴露し、同じ部署の元彼が気まずい思いをするという、口の軽さが取り柄の女性で、

このメッセージは、私に仕事させすぎなのよという思いがこもっているのか、プレゼントだから食べないわけにはいかないもんね、痩せる予定だったんだけどね、という思いなのか、

メールを受け取った30人以上がそれぞれ思わずん?と思うように、毎回ひとひねり入れてくるあたりがミキティーらしいが、とにもかくにも、毎年恒例の甘ったるいイベントはすんなりと幕をとじた。

社内恋愛の暴露トークを控えるのがモテる男

マレーシア・ジョホールバル在住の、双龍門第76代師範代・黄龍英先生に以前伺った事があるが、内臓の強さは人それぞれで、中にはどれだけアルコールを飲んでも平気な人もいるらしい。

酒飲み国家のロシアやドイツ人の肝臓は平均的に日本人の肝臓よりも強固と言われている。(もちろん飲み過ぎる程悪影響はでる。)

鹿児島の実家が焼き鳥屋で物心ついたときから芋焼酎に囲まれた生活をしていた、かどうかはさだかではないが、ミキティーの酒豪っぷりは遺伝によるところも大きいだろう。

とはいえもちろん、アルコールを飲めば肝臓に負担がかかるのに加え、東洋医学でいう『肝』は、肝臓はもとより、血、筋、目、疏泄(そせつ)なども含むため、

  • 精神・・思考活動の低下、ぼんやり、無気力
  • 血液・・生理不順、視力障害、手足のしびれ、痙攣、めまい、吐血
  • 筋肉・・しびれ感、痙攣、ひきつけ、爪の変形
  • 目・・目の充血、目のかすみ、目の乾燥、めまい
  • 疏泄(そせつ)・・下痢、生理痛、おう吐、情緒不安定感、イライラ、怒りっぽい、抑うつ

などの影響がでてくる。

東洋医学でいうところの『肝』は、計画性、判断力なども兼ね備える。

ミキティーが社内恋愛をさらりと暴露しちゃうのは、もれなく飲み過ぎて判断力低下しているからだろうが、

モテる男たるもの、酒に飲まれる事はなく、というかそもそも飲まずに、もし社内に気になる女性がいても不用意に公に口にする事なく、秘密裏に事を進めるように徹底したい。

『肝』は判断力、計画を司るため、東洋医学では”将軍の官”とも言われる。

相手陣地内で様子を探る斥候を操り戦局を把握するかのように、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で『肝』を鍛え、仮に社内恋愛が成就しても、しなくても、相手に迷惑はかけないように、うまいこととりはからっていこう。

■□■□■□■□

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在900人超。日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

->肝臓腎臓強化部に参加する