モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

目の下のクマ解消法

kuma
肝腎食+気功に取り組む事はや半年。

体重減はもちろん肌つやも良くなったと言われるようになり、もちろん本人も自覚するまでに改善しているが、もう一つどうしても気になっていた事・・・

それは、目の下のクマ。

思えば小学生の頃、親に内緒で遅くまで起きてギルガメッシュナイトを見た事に始まり、高校生の頃にオールナイトニッポンを聞くために学校で昼寝したり、スイーツに酒で肝臓に繰り返しダメージをあたえ続けた事など、自業自得感をひしひしと感じつつ・・

東洋医学的には、肝臓が血をコントロールしているので、徹夜した次の日に思いっきり目の下にクマができるのは、肝機能が低下して血流が停滞 (血滞) しているからだが、

双龍門気功法第76代師範代:黄龍英先生、のお弟子さんに確認したところ、慢性的な目の下のクマも、肝臓の熱 (と腎臓の陰虚が原因)、との事。

肝臓と腎臓は”肝腎同源”と言われ、肝臓の熱を腎臓の陰でほどよい状態に保つ事で体全体の血流調整がなされ、肝臓の血から生命の源となる”精”が腎臓でつくられる。

肝臓が熱を持ってしまうと、その影響で腎臓の陰の温度も上がり、蒸発し、不足していく・・・

その結果が目の下のクマ太郎というわけだ。

つまり、引き続き肝腎食+気功を続け、肝臓腎臓を強化し、バランスをとる事で、自然と目の下のクマ太郎も消えていくという事・・・

東洋医学、なんてシンプルなんだ。

実際の所、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』は毎日取り組んでいるが、肝腎食についてはよりストイックにもできる状態なので、長年の悩みである目の下のクマ太郎を撃退するため、ますます内臓鍛錬に励む事を誓うのであった。

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する