モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

消費増税でより健康を意識するのがモテる男

zei

「あれっ?いつのまに値段あがってるの?」

職場のコーヒー専門自販機の価格が、これまで50円だったものが2014年4月からしれっと60円に変わっていた。

ガソリン代が値上がりしたり、高速道路が値上がりしたり、少しずつ増税後の変化を目の当たりにする。

消費増税が決まった当時「増税分はすべて社会保障に充てる」という内容のはずだったが、先日見つけた記事によると、

  • 国民年金の支給額 2013年4月と比べ 1,141円減
  • 保険料の値上げ 2013年4月と比べ  月210円増
  • 厚生年金 月約425円増 支給額は4,015円減

医療費も跳ね上がる。

  • 初診料 2,700円 から2,820円
  • 協会けんぽの介護保険料 2014年3月から負担率が0.17%アップ(月給24万円の場合、月額204円)

今年4月以降に満70歳を迎えた高齢者は医療費の自己負担が1割から2割へ。平均2万9,000円の負担増らしい。

欧州では消費税が高い分社会保障は手厚いというのが一般的だが、アメリカべったりの今の政府にはそんなつもりはないらしい。

アメリカと言えばいまや多国籍企業優遇で超格差社会になり、ウォール街デモが起こったかと思えば資金繰りが難航しデフォルト危機が何度も訪れている国であって、日本が目指すべきモデルとは程遠いのに。

近場のスーパーに青汁を買いに行った時、カップラーメンやらカップヌードルやらどっさりと買い物かごにいれる若いパパが目に入った。

消費増税分を押さえるべく食費を切り詰めているのか、もともと料理をしないのかは定かではないが、食費を削り栄養がほとんどないジャンクフードに手をだしている様を見ると、アメリカでいうところのSNAP(Supplemental Nutrition Assistance Program 元フードスタンプ)暮らしと対してかわらない。

あまりにも分かりやすく『新・3大帝国』のトラップにひっかかり、彼らに貢ぎ、先々の病院通いも既に確定しているようなもの。

  • スイーツ帝国
  • コンビニ帝国(カップラーメンはここに含まれる)
  • ドラッグ帝国(医療全般)

日本に住む以上消費税は避けられないので、これからはますます食への意識や日頃の生活によって、人生スパンで格差は拡大していく事はもはや自明の理。

そんな時こそプロセスリッチを意識し、多少手間がかかってもしっかりと栄養のとれる食事を選び、待ち時間にでも東洋医学を源流とする『双龍門気功法』によって肝臓腎臓を鍛え、出来る限り医療の世話にはならないようにしたい。

日々の生活を自ら選択、活力あるものにするのが、消費増税に適応したモテる男の過ごし方なのだ。

関連記事

増税に加え社会保険料の負担増は「盗人に追銭」の国家的な詐欺

プロセスリッチを楽しめるのがモテる男

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する