モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

気功のイメージをくつがえす一手

20140923

双龍門第76代後継者:黄龍英先生直伝の、モテる男にとって必須の臓器である『肝臓』と『腎臓』を鍛える事に特化した功法である『双龍門気功法』。

ついに、ようやく、プロモーションビデオに手をつける事ができた。

早速ご覧頂きたい。

一般参加者が多く、顔見せNGという制約もあったため、ゴリゴリにエフェクトをかけている事はご容赦願いたい。

この動画で目指したもの。

それは紛れもなく、”気功のイメージをくつがえす事”。

気功に対する一般的なイメージというのは、残念ながらまだまだ、”おじいちゃんがやっている運動”というもの。

Youtubeで検索しても、団塊の世代というか、高齢者の方々の映像が大半で。

例えばヨガとかなんちゃらセラピーと比べると、どうにも地味というか、古臭いというか。

“東洋医学”や”薬膳”については、マスメディアで取り上げられる事も増え、キレイめな雑誌で特集を組まれること増え、徐々に認知度が上がっている感はあるものの。

残念ながら気功についてはほとんどと言っていいほど、雑誌で見た記憶がない。

テレビでも、やらせ気功師のドッキリ企画くらい。

Facebookグループ『肝臓腎臓強化部』ではかなり認知されてきたものの、世間一般の気功に対するイメージがこの一年で変わったかと言うと・・??

「このままではいかんぜよ・・」

「なんとかイメチェンする方法はないもんかいな・・」

そこで目をつけたのがYoutube。

最近流行のリッチコンテンツというやつに乗っかってみることに。

最初はまったくの未知の世界で、どうなることかと思ったけれど、『双龍門気功法』で培った集中力と継続力が土台となり、あれよあれよと完成までこぎつけた。

二十歳頃にちらっと音楽をかじってはいたものの、まさか10年以上も経って、あの時の知識をこんな形で活かせる事ができるなんて・・

いざ取り組み始めれば、二十歳頃には高価すぎて絶対に手が届かなかった音源なり機材なりがあっさりと手に入ってしまう事実に驚く日々。

(今やってる事って、あの頃なら数百万は必要でっせ・・)

技術革新ってすごいね本当。

映像も音楽もそれなりに時間はかかるので乱発はできないものの、折を見てアップしていく予定。

もっともっと多くの人に、真の健康と、真のやる気というものを知ってもらわないと。

やる気さえあれば、リッチコンテンツでもなんでもつくる事ができる。

その土台を支えるメインエンジンを鍛える方法、それが『双龍門気功法』というわけだ。

>>東洋医学研究所公式メールマガジン<<