モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

呼吸法でモテるには○○を意識する事が不可欠!

aoki20140624

・・・ついに時代が我々に追いついたのか・・・

アラフォーあたりのモテる男愛用雑誌といえば”LEON”だが、”LEON”からスピンオフしたかのようにモテる男にとってドンピシャな雑誌を発見。

その名も、”karada LEON(カラダレオン)”.

内容もビックリ。

・モテる男は内臓をケアする

であったり、

・モテる男は深呼吸をする

であったり、

東洋医学の紹介がされていたりと、僕らの日々の活動がそのまま雑誌になったかのようなつくりになっている。

・・・ついに時代が我々に追いついたのか・・・

感慨深く1ページ1ページめくり、食い入るように読んでみる。

・・・

・・・

・・・んー・・・

・・・なんというか・・・

・・・浅い・・・

雑誌という媒体の性(さが)か、とてもわかりやすくビジュアル的にもお洒落につくってはあるのだけれど、どうしても内容が浅い。

例えば、”モテる男の深呼吸”はたった数行しか記載がされていない。

モテる男とコンセプトががっちりかみ合った魅力的な雑誌なだけに、なんとももったいない仕上がりになっている。

“モテる男の深呼吸”と聞けば、おそらくほとんどの人は、ラジオ体操の最初と最後の深呼吸くらいのイメージでとどまってしまうだろう。

けれど本物のモテる男の呼吸というのは、ラジオ体操の深呼吸では不十分なんだ。

本物のモテる男の呼吸というのはね・・

▼モテる男の呼吸は○○へ届く

三国志で言えば曹操を影から支えた”華陀(かだ)”の時代、のさらに前から脈々と続く東洋医学の理論で言えば、一般的な呼吸はというのは”肺”に入ると思われている。

ほとんどの現代人の呼吸というのはこの”肺呼吸”であって、浅い浅い呼吸に終始している。

ラジオ体操の深呼吸に取り組む際も、もはや99%の人は”肺呼吸”で満足しているのではないだろうか。

現に職場の毎朝の体操でも、最後の深呼吸をおろそかにしている人が数多く見受けられる。

いやーもったいない。

同じ時間、同じ動作をしているのに、たった一つ、呼吸法を変えるだけで随分と体への影響が変わるのに。

モテる男の呼吸法というのは、”肺呼吸”にとどまらない。

モテる男の呼吸法・・・それは、『腎』にまで届かせる深い深い呼吸法なのだ。

▼『腎』に届く呼吸こそが動物の本能としてモテる男

東洋医学において『腎』といえば生命の源であり、この世に生まれいでた時から生命活動をささえる超重要な臓器。

仮に『腎』が弱った時に現れる症状は、加齢による衰弱ととても似ている。

例えばインポテンツ。

東洋医学でいうところの『腎』は、西洋医学でいう腎臓よりももっと広範囲にわたる概念で、特に『膀胱』と密接に関わっており、生殖器全般にあたる。

ひょろひょろの呼吸で『腎』にまで呼吸が届かず、『腎』へエネルギーを十分に行き届かせねば次第に『腎』が弱り、生殖器にも影響がでてくる。

つまり、モテる男にとって超重要な夜の生活もひょろひょろになってしまうという事なのだ・・・

モテる男たるもの、優雅にたっぷりと空気を吸い、しっかりと『腎』まで空気を行き渡らせ、全身の血行を活性化させつつ、余裕たっぷりに少しずつ息をはきだす。

せっかく書くなら雑誌”karada LEON(カラダレオン)”にも、ここまでの記述をお願いしたいもの。

仮に雑誌”karada LEON(カラダレオン)”第2号』の出版予定があれば、ぜひともモテる男に一報をいただきたい。真の東洋医学に基づいたどっぷりと濃厚なモテる男のための呼吸法を、心ゆくまで書き上げ、お届けしたいものだ。

もしその機会まで待てないという事なら、『双龍門呼吸法(気功法)』でしっかりと解説しているのでご検討を。

青木四郎の『双龍門呼吸法(双龍門気功法)』レポート(PDFファイル)