モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

健康診断のためになんちゃってスパートをかけないのがモテる男

kenko
桜の季節が到来するたび、現役サラリーマンであるモテる男の脳裏をよぎるのは健康診断だ。

毎年のように健康診断1ヶ月前からなんちゃってスパートに取り組もうと決意しては三日坊主で終わり、毎年少しずつ増える体重に焦っては自転車通勤を志し、あっさりとその夢は途絶えること数年。

毎年毎年そんな事を繰り返し、一念発起しようやく続いたジョギングも、マラソンの大会が終わったとたんにうっぷんが一気に爆発し、週3週4で発泡酒やハイボールに浸る生活に逆戻り。1ヶ月に4kgペースで増量し、4月下旬の健康診断ではあっさりとメタボ認定されてしまった。

酒で肝臓に休む間もなくダメージを加え続けた事に加え、大量のつまみは消化器系にも負担だったろう。東洋医学でいうところの気血水のバランスが大きく乱れ、精神的にも落ち着く事はなかった。今思えば軽いうつ状態だったのだ。

メタボでさえないもてない男まっしぐらだった僕が、ほんの偶然のきっかけにより東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に出会い、己の身体を管理統率するための原理原則である内臓鍛錬に取り組んでからというもの心身ともに健全健康。

全盛期は174cmに対し76kgだった体重が、いつのまにか66kgにまで落ちていた。今では次の健康診断が楽しみで仕方がない。健康診断をこれほどまでに楽しみに感じれるのは、もしかすると人生で初めてかもしれない。

とはいえやっている事はといえば至極シンプル。内臓に配慮した食生活と、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で肝臓腎臓を鍛えるのみ。

淡々と毎日繰り返す事で、ムラなく自然に体重は減り、身体の調子は整い、精神的に安定したまま、健康診断を迎える事ができるのだ。

健康診断1ヶ月前からなんちゃってスパートをかけずとも、粋な男はシンプルに過ごしながら、健康診断をさらりとクリアするのだ。

PS.

『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はAコースに挑戦しよう。

● 東洋医学を源流とする腎臓強化絶倫コース(Aコース)

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『タントウコウ』(壱、弐、参(左右)各5分、計20分)
  • 『明鏡止水~収功~』 5分
  • (合計30分)

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在990人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部