モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

ワクチン予防接種の内実を知るのがモテる男

ser
先日、ドラッグ帝国の稼ぎ頭”ワクチン予防接種”に関して、大変分かりやすい記事を見つけたので紹介したい。

隣近所のお母さんに教えてあげたいワクチン予防接種

要約すると、ウイルスをそのまま接種すると病気になるので、別の物質を入れて体内に留まらせる。その中身というと、

  • 保存剤
  • 防腐剤
  • 抗生剤
  • 重金属
  • アルミニウム
  • 水銀
  • 界面活性剤

など内臓を痛めつけるものばかり。さらに、子宮頸ガンワクチンの効果は1%以下で、”不妊薬(サーバリックス)”が入っているという指摘も。

不妊化させる目的はもちろん、優生学(白人だけ生き残ればいい)にのっとった、ビル・ゲイツも加担する人口削減計画だが、元をたどれば、1947年終戦後、GHQ主導で始まった予防接種法にまでさかのぼる。

戦後強制的につくられた予防接種の文化に日本はどっぷりとはまり、薬害エイズ、薬害肝炎などいくつもの薬害を味わいながら、なぜか予防接種の文化は続き、そこに便乗するかたちで、不妊薬をまきちらしていたのだ。

つい最近2013年にもアフリカで、新しい髄膜炎ワクチンの作用で40名以上が麻痺になっている。このワクチンがいつ日本上陸しないとも限らない。ワクチンの弊害は日本のみならず世界中で起こっているのだ。

今では大小さまざまな地域で定期的に予防接種が実施されているが、ワクチン接種の機会が訪れたら、決して医者や学校の言い分を鵜呑みにせず、自分の責任でもってしっかりとググり、情報を集めるようにしたい。自らはもちろん自らの子どもの将来にとっても最良の選択なのかどうか、曇りなき眼で見定め、決めるのだ。

東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で肝臓腎臓を鍛える事でももちろん、知識だけではなく実際の行動として、薬害ワクチンの内実を知り、内臓へのダメージをできる限り避けるのが、モテる男たる所以なのだ。

参照元

40人以上の子供が新しい髄膜炎ワクチンで麻痺している。

断種ワクチン

ワクチンの危険 人口削減計画

ワクチンの多大な被害と、予防接種法

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在990人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する