モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男は顔の広い知人と交流を持つ

hana2

「仕事?お水やってます。」

東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に日々とりくみ、肝臓を鍛えた事で運が良くなった成果か、前日の豪雨をものともせず、満開の桜の下で無事花見をとり行う事ができた。

- 10日かけて仕込んだ手作りベーコン入りサラダ
- エリンギ、舞茸、しいたけ、せせりの無添加バター焼き
- 無添加がうりのオードブル

に加え、各自持ち寄りの食べ物が揃う。100%とはいかないまでも、健康に留意した食材が並ぶ。

南スーダンから半年ぶりに帰ってきた自衛隊の知人をはじめ、アグレッシブで顔の広いメンバーが揃う。賑やかな雰囲気は周りにも伝わり、隣から顔見知りの男が近寄ってきた。

モテる男は顔の広い知人と交流を持つ

地元の水道局で働くナンパ師ことスッチーは、「仕事?お水やってます。」が決め文句。悪くない風貌、軽いノリ、実は堅実な仕事(公務員)という3拍子で、若い女性に片っ端から声をかけては連絡先をききまくる。

話をきけば単純にパーティーなどイベント毎が好きらしく、彼女ができても遊びまくり、付き合っては別れを繰り返し、落ち着く気配は今の所まるでゼロ。自身も定期的にイベントを開催し、顔の広さ(と軽さ)は広く知れわたる。

華麗なるギャツビー的なパーティー三昧な生活を送るスッチーをうらやましいとはまるで思わないが、スッチー経由で知りあった友人(例えば会計士)がいる事もまた事実で、今回の花見も共通の友人が何人も。

仮に彼女がいなかったとすれば、仕事はお水のナンパ師スッチー経由で他の花見に乱入し、連絡先を交換する事も十分におこりえる。

自身の顔が広くなくても、顔の広い知人と交流を持ってさえいれば、花見にしろハロウィンにしろ様々なイベントがつながり、あっという間に知人を増やす事が可能なのだ。

とはいえ上っ面だけの会話だけではせっかくの出会いも長くは続かない。東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で肝臓腎臓を鍛える事で、他の花見に飛び込む勇気・決断力・ポジティブシンキングに加え、会話のキャッチボールをなりたたせる思考力や忍耐力も備えよう。

モテる男は顔の広い知人と交流を持ちながら、同時に人間性の深みも備えるのだ。

###モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する