モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男は陰陽で物事を捉える

miseinen
中学三年のある夏の日、夏休み恒例、読書感想文のお題を決めかねていたもてない男だった僕は、猪突猛進イノシシタイプの石丸君と図書館に向かい、偶然にも「未成年」という小説を手に取った。

後に大麻所持で捕まったいしだ壱成主演ドラマの原本だ。(モテる男はドラッグ帝国とは徹底抗戦する。)

出来杉君な兄貴と比べられ、反抗し、廃校にたてこもりバリケードをつくり、ずっと好きだった家庭教師モカとクリスマスを祝う。その青臭さ、純粋さに心うたれ、未成年とエヴァに乗っ取られた僕の高校生活はダークそのものだった。バリケードも中二病も今時これっぽっちも流行らないのだ。

モテる男は陰陽で物事を捉える

今なら分かる。もてない男だった僕は表面的な表現にだけに捕われ、その裏側の意味、本質に気づく事ができなかったのだ。

東洋医学(中医学)に触れ、陰陽の考え方を知れば紐解ける。表面的な主張はあくまで『陽』。未成年とエヴァに影響され、ダークな高校生活をおくった所で何のメリットもなかったのだ。

目に見えるものはすべて『陽』であり、その裏側には周到に計算、計画された『陰』がある。

未成年にもエヴァにも、商業的理由、時代背景、需要と供給、様々な要因があり、原作者と出版側の思惑が交差した上で制作されているのだ。(モテる男はキレイ事は言わない。資本主義である以上、市場の欲求に答えお金を稼ぐ事になんら問題はない。(『新・3代悪の帝国』は別だが))

高校生活をダークなままで終わらせた今思う。もっと早く東洋の思想にふれていれば、陰陽を知り表面だけでなく裏側にも想いを馳せる事ができたら、高校生活をもっと楽しくエンジョイできたに違いないと。

とはいえ過去は覆らない。変えられるのは未来だけなのだ。2013年ももうすぐ終わる。全て過去になる。今考えるべきは2014年以降の生き方だけだ。食生活を改善し、内臓を鍛え、来るべき2014年に備えよう。

それがモテる男の生き様だ。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する