モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男は甘酒でモテる男を見極める

amazake

元旦8時から毎年恒例、近所のお参りスポットの運営に参加。参拝に来る方にお神酒(おみき)を注いだり、お守りやおみくじをお渡ししたり。

対応時間は9時間。総勢740名にも及ぶ参拝に来た方々を見ていると、元旦にも関わらず、不機嫌そうだったり面倒臭そうに見える人もいれば、笑顔いっぱいでご挨拶をする人もいたり、市長には明らかに覇気をまとい威圧感があったりと、たった数分見るだけでも、その人がどれだけ人生を楽しんでいるかが伝わってくるようだ。

お参りをした後は、毎年恒例の甘酒のおもてなし。8割以上の方が飲んでくれていた、が、悲しい事に、甘酒の中身はパックの甘酒+しょうが少々だ。

モテる男としてパック甘酒の原材料をチェックすると、当たり前のように砂糖も甘味料も記載されていた。本来甘酒は米と麹で作れるので砂糖は不要なのにも関わらず。

パックで提供しなければならないという、申し訳なさと自分の無力さを噛み締めつつ、甘酒を飲んだ後の反応を観察しているうち、飲んだ後の反応の違いに気づいた。

「わぁ~これ美味しいね~。」
「ごちそうさまでした~。」
「甘っ!!」

甘いと感じた人は正解。砂糖の甘さに気づいているのだろう。普段の砂糖摂取量が少ない事の証だ。
「甘っ!!」
と言った人はもれなくスマートな身体をしていた。

一方で、「わぁ~これ美味しいね~。」といいながらおかわりを要求してくる人も。

「それ完全に毒なので辞めた方がいいですよ!」
と言えるわけもなく、ただただ静観する事に。

年始の行事にすら、スイーツ帝国の魔の手がかかっている事を実感した。

年末年始は食生活が大きく変わる。甘いものやお酒をゼロにする事はかなり難しいが、それでもできるだけ意識的に控えるようにしよう。

2014年のスタートダッシュを決めるため、自己パフォーマンスを高めるために、食生活のバランスをとる事は、モテる男として当然の事だからだ。

PS.
去年までは毎年のように酒に溺れ、おせち料理をたらふく食べ、好きなお餅の食べ方は砂糖醤油だったが、それがいかに自分のパフォーマンスを下げていたのかというのを実感している。年末年始といえども食に気を抜かず、いかに中庸なバランスでいられるかが、モテる男である証なのだ。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する