モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男は日本文化に関心を持つ

aoki20140219
先月参加した英語オフ会つながりで、地銀を辞めてシェアハウスに住み、落語に取り組む木原さんのイベントに参加した時の事。

  • 以前2次会でCHE.R.RYを歌った山ガールの雪子
  • 翌日熊本城マラソンを控える英語の助教諭
  • 70万円の馬を購入しまだ元をとれてないと嘆くカウボーイハット
  • 43%のスコッチを土産に持ってきたアイルランド人

など、10数名の多様な顔ぶれが揃っていた。

左手にスコッチを握りしめるアイルランド人と目が合う途端、「ワーオ!フォーティースリー!?w」ととりあえず大声を出しながら華麗にウーロン茶を飲みつつ、Youtubeで日本6位になった知り合いのセミナー話など、新たな出会いも織り交ぜながら、メインの落語が始まった。

モテる男は日本文化に関心を持つ

実のところ直に落語を見たのは初めてで、プロではない講演ではあったが、十分に楽しむ事ができた。ライブならではのミスもいくつかあったが、それも含めて場の雰囲気を体感する事ができた。きっと43%アイルランド人も満足してもらえただろう。

なかなかマニアックな場所で、なかなか渋い落語に来るあたり、かなり日本に興味を持ってもらえているのだろう。

以前、イスラエル人が研修で日本に来た時に、「どこに行ったらニンジャを見れる?」と聞かれた事があるが、

ニューヨークに行ったらブロードウェイがあり、スペインに行ったらフラメンコがあり、ハワイに行ったらフラダンスがあるように、日本には日本の伝統文化があり、それらを目当てに来る外国人も数多く存在するのだ。

もてない男だった期間が長過ぎたからか、伝統ある日本文化にこれまでほとんど関心がなかったが、『双龍門気功法』で内臓を鍛え、行動力や好奇心が増した事で、徐々に”世界の中の日本の立ち位置”を意識するようになっている。

海外にでれば必ずと言っていい程日本の文化を聞かれる。英語を覚えるのももちろん大事だが、同時に、”日本人としての意見”をしっかり持つよう、内臓の鍛錬を通し意識していきたい。

PS.
既に『双龍門気功法』を入手された方は、日々愚直に鍛錬に励んでいこう。

● Bコース(発生アリVer))

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『セイシュ』3分
  • 『虎の目』3分
  • 『シュー発声法』3分
  • 『チュー発声法』3分
  • 『開合試力(カイゴウシリョク)』3分
  • 『ねじり返り功』 3分
  • 『明鏡止水~収功~』 5分

(合計28分)

● Bコース(発声ナシVer)

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『セイシュ』5分
  • 『虎の目』5分
  • 『開合試力(カイゴウシリョク)』5分
  • 『ねじり返り功』 5分
  • 『明鏡止水~収功~』 5分

(合計30分)

世界に誇る日本の良さはたくさんあるはず。落語に限らず日本の良さを知り、日本人である事に誇りを持ちながら、日々過ごしていこう。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する