モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男は味覚が敏感だからこそ一流たらしめるのだ

hotmot

年末になると、毎年恒例の地元行事がいくつかある。近所のお参りスポットの準備もその一つ。

人一人がかがんで入れるくらいの小さめの穴の中にお参りする風習があって、除夜の鐘がなった後に近所の方がお参りできるように、道沿いに灯籠をおいたり、お守りを結ぶ用の縄をつくったり。僕の係は毎年恒例で、人一人かがんで入れるくらいの穴の中の掃除。

穴の中には普段誰も入らないからあれやこれやが住みつき、勇気ある若者がバーナー片手に彼らと戦い、やっつけた後、焦げ臭い中を掃除するという、
一年でもっとも過酷な4時間を絶えた後、ねぎらいも兼ね配られたのは、ある有名企業の弁当だった。

モテる男は徐々に味覚が敏感になる

コンビニ弁当に比べれば随分いいと思いつつ、やっぱり添加物は入ってるよなぁと戸惑いつつも、約35人の中で僕だけ食べないというのも変な話で、思えば今年一度もその企業の弁当を食べてない事も重なり、意を決して食べてみる事に。

「・・・んー、食べやすいけれど、味が濃くて甘さも感じる。味が整いすぎているというか、人工的に”作られている”感じがする。」

セットのソースに原材料の記載があったが当然のように添加物たっぷり。

肝臓腎臓強化部に所属して以来、味が濃い食べ物を極力避け、根菜とソバをメインで食べているからか、味の変化に敏感になっているというのを体感する。モテる男は自然と味覚が敏感になってくるのだ。

よく噛む事が腸内の消化を助け、前頭葉も活性化され、脳がパワーアップする事を知って以来、30回以上もぐもぐと噛みつつ味を確かめていると、隣から大きな声が。

「やっべ!この弁当超うまい!」

ロシアとのクォーターハーフのような美白系男子の松田君がかぶりつくように弁当を食べていた。

改めて顔を見ると数年前より随分肌荒れしている。それもそのはず、松田君は大のコーラジャンキー。32歳になっても毎日コーラを飲んでいるらしく、
地元行事で会う度、2リットルのコーラを飲み干してしまう。

「毎日コーラを飲んでいたら弁当の甘さには気づかないだろうな・・」

いつの間にか美白系肌荒れ男子になり、以前のようなイケメンオーラが弱まっている松田君に、コーラを止めて『双龍門気功法』で内臓を鍛える事を伝えたいが、

「コーラなかったら生きる意味にゃーもん!」

と熊本弁で熱弁した彼を見たせいか、彼を説き伏せる事はなかなか大変だろうなと実感。

ふと周りを見渡しても、ソースをたっぷりつけて弁当を平らげ、タバコを吸いつつモバゲーとパチンコ話で盛り上がるのを聞く度に、かなりの場違いっぷりを感じつつも、弁当の味を忘れるため、身体を温める紅茶を飲みつつ、『双龍門気功法』の一つ、腎強化の『タントウコウ』で淡々と『腎』を鍛える事にしよう。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する