モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男は寄り道も楽しめる

aoki20140222
毎朝恒例になっている、5歳の姪っ子ナミと動物愛護センターからやってきた0歳4ヶ月のメス犬、イヴとの散歩中の事。

一時期のスランプを抜け出した姪っ子ナミは、散歩用ウェアを着こなしさっそうと散歩にでる。

大まかな散歩のコースは4パターン。

ややもするとマンネリする可能性もあるが、姪っ子イヴと愛犬イヴは毎回新たな発見をしている。

  • 木の枝を見つければ振り回し、
  • 霜柱を見つければ踏み荒らし、
  • 大きめの石があればとりあえず乗り、
  • 木の板が滑りやすければスケートごっこをする。

彼女らは時間を忘れて遊びまわり、散歩予定時間を過ぎる事もしばしばあるが、この寄り道こそが、モテる男の余裕なのだと今さらながら気づきはじめたのだ。

モテる男は寄り道を楽しめる

本業の関係でドイツのドレスデンに出張し、日頃メールでやりとりしているドイツ人に聞いた事があるが、EUを牽引する経済大国ドイツの人達は大の散歩好きだそうだ。

ドライブ中も気になる散歩道があれば、ふらっと車を止めて30分でものんびり散歩をする。あえて寄り道をして新しい散歩道を発見するらしい。(もちろん人によるだろうけど)

思えばもてない男だった頃の移動といえば、GPSで目的地をセットし、最短経路で目的地へ向かうばかりで寄り道もへったくれもなかったが、今思えば、周りの景色を全てスルーしていた。見ていたようで何も頭に入っていなかった。

寄り道する余裕があれば、

  • いつも通り過ぎるディスカウントストアのヒマラヤ岩塩を気づけたかもしれない。
  • 掘り出し物のエクストラバージンオリーブオイルがあるかもしれない。
  • ホットペッパーに載っていない絶品蕎麦屋に出会えるかもしれないし、
  • 客引きのお姉ちゃんの中にいつの間にか従姉妹が混ざっていても気づいたかも知れない。

もちろんこの余裕はデキる女性との会話においても重要。

あらゆるITギアを使いこなしさも仕事ができる風のなんちゃってモテる男は、デキる女性との会話においてびっくりするほどアドリブに弱い。

効率化を追い求めるほど寄り道を見つける機会を逃し、心の余裕やユーモアが薄れた結果、デキる女性との会話がタンパクになりがちだ。心の余裕が枯渇しているもてない男があまりに増えている。

GPSを使っての経路探索は、最短経路でありもっとも効率的(のように見える)だが、必ずしも最善の経路ではないのだ。

寄り道は、遊びであり、ユーモアであり、心の余裕につながる。寄り道を楽しめる心の余裕がモテる男を形づくる。

モテる男はギッシリつまったスケジュール表の中においてもあえて贅沢な時間を30分確保し『双龍門気功法』に取り組む。自らの身体と真摯に向き合い内臓を鍛える事で寄り道をする行動力や好奇心が鍛えられ、寄り道をする心の余裕も生まれるのだ。

その心の余裕はもれなく会話にも現れ、デキる女性との会話のキャッチボールにも影響する。

高田純次とは言わないまでも、ユーモアの源泉は目的地への最短経路ではなく、寄り道なのだ。

モテる男はガチで本気だして自分のロマンに没頭する一方、無駄を愛し、ふとした寄り道も楽しめるのだ。

PS.
『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はAコースに挑戦しよう。

● Aコース

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『タントウコウ』(壱、弐、参(左右)各5分、計20分)
  • 『明鏡止水~収功~』 5分

 (合計30分)

余力があれば『タントウコウ』1時間(15分×4)耐久に挑んでみよう。たっぷり1時間かけて自分の身体を鍛えあげ、ナメック星感を味わえば、モテる男に必須の心の余裕を手に入れられるというものだ。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する