モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男は医者と処方薬を混同しない

hal
思えば物心ついた時から、たくさんの西洋の病院にお世話になっていた。

  • 風邪をひいたら内科
  • アレルギー性鼻炎で耳鼻科
  • ジベルバラ色粃糠疹ができた時は皮膚科
  • 目の充血が収まらなくなったら眼
  • 体育の柔道で骨にひびが入った時は外科

お医者さん毎に個性があり、親身になって相談してくれる人もいれば、
「とりあえずお薬だしときますね~。」ですませる人もいた。

薬を飲んで治った病気もあり、薬を飲んでも延々と治らず、ほったらかしていたら治った病気もあった。

その時その時の処方薬を、何の疑いもなく飲んでいたが、双龍門第76代師範代:氏家直哉先生に出会い、患者の体調に合わせ、毎回生薬を調合している事を知って以来、これまでの西洋医学の病院に少しずつ違和感を感じるようになった。

ソフトバンクのお姉ちゃんとiPhoneの関係性

全てのお医者さんに該当するわけではないという事を前置きしつつ、基本的に西洋医は製薬会社がつくった薬を処方する。

患者毎に処方箋を変更はするものの、それらの薬は全てお医者さんではなく製薬会社が製造している。

どれだけやさしく親身なお医者さんであっても、そのお医者さんから処方される薬はお医者さんがつくっているわけではないのだ。

通信会社とメーカーの関係に例えるなら、

どれだけソフトバンクのお姉ちゃんが可愛くて親切で優しくて惚れそうでも、購入をするのはアップルがつくったiPhoneだ。ソフトバンクのお姉ちゃんは、iPhoneの使い方やアプリのダウンロード方法は教えてくれても、部品やデザインの変更はできない。

例えiPhoneに不良があっても、お姉ちゃんが改善する事はできない。ソフトバンクのお姉ちゃんとiPhoneは、分けて考える必要があるのだ。

同様に、医者と処方薬も分けて考えるべきだ。

モテる男は医者と処方薬を混同しない

全てのビジネスの共通点は利益を上げること。製薬会社にも当然業績目標があり、目標達成にあらゆる手をつくす。

現役精神科医:木村たかし先生にも教えて頂いたが、製薬会社から贈与をうけている医者は、精神科医に限らず数多いそうだ。

贈与を受ければ薬の処方が必要になり、西洋医としてもその薬のメリットだけを語るようになり、実際に処方箋にも組み込まれていく。

例えば不眠症に使われるハルシオンは、副作用が強く先進国では販売承認が取消しになったり、保険がきかない国も多いが、日本は規制がゆるいまま。西洋医としても、国が規制をかけていないから、処方しても問題ないという判断になる。

モテる男が知っておくべきは、どれだけお医者さんが律儀ないい人であっても、その人が薬をつくっていない以上、医者と薬は混合せず分けて考えるべきだという事だ。

“ハルシオン 副作用” で10サイトでも検索すればその危険性はすぐにわかるはず。ドラッグ帝国の陰謀にはまる前に、薬をもらったら必ず検索するクセをつけよう。

PS.
そういえば、双龍門第76代師範代:氏家直哉先生に出会い、酒を控え、砂糖を禁止し、『双龍門気功法』で『肝』『腎』を鍛え始めてから、病気という病気をしないようになった。

生活習慣を変えれば次第に、病気にならない身体に進化していく事を日々実感している。

参照元:

精神科医と製薬会社・・・ その癒着の構図

ハルシオンの副作用について

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する