モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男はロマンをロマンで終らせない

boys-be-ambitious-statue
先日、友人の呼びかけで、全員同い年、たった4人の男だけの食事会に参加した。

参加者は僕と、

  • 新婚子持ちの農業系個人事業主
  • 独立準備中の会計士
  • 求職中のボーカリスト

とばらばら。

新婚生活のグチから始まり、

  • 付き合って初めてのクリスマスでのプレゼントの相場
  • 太陽光発電の見込み益(20年で800万って微妙だよね的な。)
  • 実は熊本の○○農業は平均年商2,000万越え

などなど4時間にわたって語りあった。

普通にサラリーマン生活をしていては、なかなか耳にしない情報も多数。ざっくばらんに話すことで新しいアイデアが生まれてきたり。改めて、異業種の知り合いと意見交換する大事さを感じた。

モテる男はロマンをロマンで終らせない

食事会の中で、新婚子持ちの農業系個人事業主がぽつり。

「20代の頃より30代で集まった方がおもしろいよね。」

理由を聞くと、20代の頃は、あれやこれやとやりたい事がたくさんあったが、方向性もばらばらで、結果的にできなかった事が多かったけれど、30代になり自分の向かう先も決まりつつあり、専門性が磨かれる事で意見に深みもでて、職業の違うメンバーと現実的な意見交換をする事で、20代の頃よりいろんな事が達成しやすくなると。

年を重ねるにつれ、「昔は良かった」と過去ばかり振り返る人がいる一方、
年を重ねる事をポジティブに考える友人を誇りに思う。

「お金は貯金してたらダメでしょ、運用しないと。」

新婚子持ちの農業系個人事業主はしっかりと未来を見据えている。

  • 欲しかった車を買う
  • 行きたかった海外に行く
  • しっかりと親孝行する
  • やりたかったビジネスを立ち上げる

想い、目的はそれぞれ違えど、やりたい事を口だけで終らせず、一つ一つしっかりと実現させていく。

モテる男はロマンをロマンで終らせてはいけない。ロマンを語り、実行、実現させていかなければ。その為の馬力が足りないと感じるなら、食生活を改善しつつ、『双龍門気功法』で『肝』『腎』を鍛えよう。

ロマンを語り、実現させる事で、真にモテる男になっていくのだ。