モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

フードマイレージをちょっとだけ意識するのがモテる男

jal
海外に行くと毎回実感する事がある。それは、いかに日本で食べれる料理のバラエティが豊富かという事。インドトルコイタリアフランスオージー韓国中国台湾ベトナムナイジェリアタイなどなど、食のバラエティの多さは名実ともに世界一ではないだろうか。

連日テレビでグルメ番組が放映されれば翌日には視聴者が殺到する事もしょっちゅう。数多の外食を支える為に、数多くの食材が連日日本に輸入されている。2006年度の農林水産省のデータでは5兆円を超えているらしい。船にしろ飛行機にしろ長い時間をかけて海を山をわたってくる食材達。

売り手側とすれば、移動中に商品が腐ったりされてはたまったもんじゃない。いわば当然のように、保存料や防腐剤がたっぷり使われている。

外食がちのもてない男が病気になりやすいのは、単に味付けが濃いからだけではなく、たっぷりの添加物を体に取り入れてしまうからだ。

モテる男はフードマイレージをちょっとだけ意識する

昼も夜もアグレッシブに活動するためには内臓の強化が不可欠。東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で『肝』『腎』を鍛えるのはもちろんの事、日頃から食べる食材も添加物はさけ、GMO(遺伝子組み換え)も避け、出来るだけ無添加のものを選びたい。

そのために参考になるのが、”フードマイレージ”の考え方。

元々、輸送量が多く輸送距離が長くなるほど環境悪化につながるという考えで、グローバリゼーションのデメリットを突く考え方だが、これに添加物の意識も合わせて考えるようにしたい。

ようは、海外から輸入される食材は、その移動距離を耐える為、添加物まみれだという事。フードマイレージを頭の片隅においておき、できるだけ地産地消を選択するようにしよう。それがモテる男を維持する方法であり、日本を守る方法でもあるのだ。

農作物輸入額等の推移

フードマイレージとは

GMO 7つの大罪

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイアグラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する