モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

ガチで本気だすからモテる男は格好いい

honda
先日、サッカー日本代表の本田圭佑選手が、ACミランへ移籍する事が決まった。

背番号は10番。

伝統ある世界的クラブの中心に、遂に日本人が座る事になった。マンチェスターユナイテッドの香川、インテルの長友に続く快挙だ。

彼らはいずれも幼い頃から、大きくなったら世界で活躍できるプロサッカー選手になるというロマンを掲げ、実行してきた。その情熱、練習量、プレッシャーをはねのける力は尋常ではない。

もちろん彼らには生まれ持った素質もあったのだろうが、

  • まさか日本人がマンチェスターユナイテッドに入れるとは・・・
  • まさか日本人がACミランの10番を背負うとは・・・

Jリーグが発足した20年前は、誰もが想像できなかったはず。まさに夢物語(ロマン)を現実にした、モテる男達だ。

モテる男はガチで本気出す

サッカーに限らず、あらゆるプロ選手達は、自分のロマンを叶えるため、ガチで本気を出している。

  • 濃密な練習
  • イメージトレーニング
  • 食事管理

など徹底している。

野球もバレーもフィギュアも卓球もテニスも全てそう。常に自分の最高のパフォーマンスを出すために、日々努力しているのだ。

もてない男だった頃は、

「冷めている俺って格好いいっしょ?」

と風潮に流され、松岡修造や松木安太郎を暑苦しいと思っていた時期があったが、今ならわかる。冷めている僕はただただダサいだけだった。何も達成できない事への言い訳にすぎなかったのだ。

ガチの本気は格好いい

スポーツ選手に限らず、第一線で活躍しているプロ達は、いずれもガチで本気を出している。

知人のハイパーノマドエンジニアは、時に朝5時までセミナーの準備をして本番を迎える。『肝』『腎』が異常に強い不動産王は、数日のバカンス中に100本の動画コンテンツを作成する。ガチの本気で生み出されたセミナーやコンテンツによって、人の心をがっしり掴み、ファンが増えていくのだ。

大事な事は、成功を手にしたから努力しているのではなく、ガチで本気を出していたから成功したという事。ガチで本気をだし、それを何か月、何年にも渡って継続できているからこそ、億単位で成功を収める事ができ、ACミランで10番を手にする事ができるのだ。

モテる男なら、ガチで本気を出せるロマンを見つけよう。そして全力で取り組もう。もし今、ロマンがないなら、片っ端からいろんな事を試せばいい。試す中で、飽きずに続けられるものが出てくるからだ。

その行動力、継続力が心もとないようなら、スポーツ選手の日々の練習の如く、『双龍門気功法』で『肝』『腎』を徹底的に鍛え上げよう。

=========
『肝』・・判断力、計画性、ストレス耐性、決断、勇気
『腎』・・継続力、生命力、思考力、記憶力、ボケ防止
(あわせて行動力やポジティブ思考)
=========

ガチで本気を出せる土台作りに最適だからだ。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する