モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男はインポテンツを腎臓鍛錬で解消する

aoki20140507
もし皇帝がインポテンツだったら。

子孫を残せず生涯を終えたら。

その国はもれなく破綻してしまうだろう。

どの時代においても皇帝の最大のミッションの一つは子づくりだ。

映画ラストエンペラーでも表現されていたが、専属の侍医による”うんちチェック”による栄養管理もまた、体調を万全にすると同時に子づくりへの布石でもある。

世代を跨ぎ国の繁栄を続けるためにも、皇帝がインポテンツではあってはならないのだ。

東洋医学では生殖器の問題は腎臓にあると考えられている。

仮に腎臓が弱り夜の生活に支障が出るようなら侍医にとっても国にとっても一大事。是が非でも腎臓機能を向上させインポテンツから脱却を目指さねばならない。

ではどうやってインポテンツを解消するかと言えば、答えは簡単。

食生活の改善と、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』によって腎臓を鍛える事だけ。

実際にモテる男も糖分控えめお酒控えめな内臓ケアの食事にし、『双龍門気功法』に日々取り組む事で、夜の問題をあっさりと解消。

タイのリアーナや90分44,000円の夜の蝶で味わったへなちょこっぷりが今では懐かしい。

実際に東洋医学を源流とする『双龍門気功法』の実践者からも、夜が強くなったという報告を頂いている。

実際に子どもをつくるかどうかは本人の自由だけれど、仮に一国の国の主だとすれば、インポテンツは国の存続に関わる一大事。

もし現在インポテンツに悩んでいるようなら、さながら一国を背負う皇帝のように責任感を持ちながら、日々『双龍門気功法』によって腎臓鍛錬に取り組みたい。

いつのまにか夜の生活が徐々に改善されていく事うけあいだ。

モテる男はインポテンツのままではいられないのだ。

インポテンツを解消するための秘功『双龍門気功法』