モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男はイエスマンではいられない

yesman
とってもいい人で優しい職場の加藤さんは、

  • いつも笑顔
  • いつも前向きな言葉使い
  • 常に礼儀正しい

いい人の常か、同僚からもよく相談されやすく、お願いされれば断らない。

「ちょっとこのマニュアルつくってもらえる?」

「わかりました。」

「ちょっと勉強会開いてくれない?」

「わかりました。」

加藤さんはとてもいい人だと、周りの評判も上々。しかし気づけば、彼の帰社時間は23時を超えるようになっていた。明らかにオーバーワークになっているのだ。

いい人のままでは昇進はできない

どんなビジネスでも、何かに取り組む時には常に、人・時間・お金の制約がつきまとう。同じ部署に10人いるとして、9時~18時を定時とするなら、9時間×10人で、1日あたり90時間のリソースしかない。

仮に加藤さんが10人の長になったとして、10人分のリソースが把握できず、
他部署や顧客からの要求を全て鵜呑みにしていては、いずれパンクしてしまう。

さらに、余計な案件に時間をさいた事で、会社から求められる業績に届かなければ、どれだけいい人でも評価は下がってしまうのだ。実際に僕の会社でも、いい人なのにリストラにあった人を数名知っている。

モテる男はイエスマンではいられない

会社の中で成果をあげ昇進をしている人間は、例外なく自分の意見を通す。例え上司からの依頼であっても、

「だが断る。」

と、できないものはできないとはっきり伝える。

もちろんできない理由や背景もしっかり伝え、相手を納得させる。

「それじゃあ仕方ないね。」と上司がおれるのだ。

これは会社でも個人でも同様。

ロマンを掲げ、実現させるためには、人・時間・お金の制約がついてまわる。他人の依頼を断れないイエスマンのままでは、ロマンに使える時間がなくなってしまう。モテる男はイエスマンではいられない。ロマンを実現させる為、時には断る勇気が必要だ。

もし断る勇気がでない、本音で語る自信がない、できない理由を伝えきれないと思うなら、『双龍門気功法』で『肝』『腎』を鍛え、勇気、決断力、思考力を手に入れよう。

=========
『肝』・・判断力、計画性、ストレス耐性、決断、勇気
『腎』・・継続力、生命力、思考力、記憶力、ボケ防止
(あわせて行動力やポジティブ思考)
=========

昇進にもロマン達成にも一挙両得の方法だ。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する