モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男はアイスブレイクに気をつかう

aoki20140301
最近、仕事から帰宅しリビングに向かう度、婚活パーティ番組が目につくようになった。

実際たった2日や3日で一生の伴侶を決めるというのはなかなかハードルが高く、参加している人達もきっかけ作りだと割り切っている感もあるが、

合コンにしろ食事会にしろオフ会にしろ、

女性にはもちろん、年齢、性別、職業、趣味、国籍を超えた”人間にモテる男”になるためには、どうしたって他人との関わりが必要だ。

もちろん『双龍門気功法』で内臓を鍛えつつ、ロマンを掲げてガチで本気出して取り組んでいれば、そこらへんのもてない男とは一線を画する程、目はキラキラ輝き、情熱や覇気がにじみ出てくるものだが、

ずっと黙して語らなければ、ニキータのようなステキな女性と接することなく、いつの間にかパーティーが終る事もある。

出会いの場に参加する際は、ぜひモテる男から率先してアイスブレイクを行い、話すきっかけをつくるようにしたい。

モテる男はアイスブレイクに気をつかう

本来のアイスブレイクは、イベント参加者達の緊張をほぐすための方法だが、

モテる男は一人でも率先して相手の緊張をほぐすべく、無難な話題から切り出すようにしたい。

仮に初見で、「最近寝る前にピンク色のオーラをイメージしているんですよ~。」

とでも言えば、随分と欲求不満がたまっているのかと引かれる事うけあいだし、

「マイブームは内臓を鍛える事ですかね(キラッ)」

とでも言えば、どこのヤブ医者気取りかと距離をおかれるだろう。

何よりも、相手がこちらに興味を持ってもらえるような話題を提供したい。無難なところでは旅行だろうか。

初見の会話で、「最近は仕事と家の往復ですね。。。」

といえば「ふーん。」か「そーなんですねー。」

で終ってしまうが、

「この前スリランカの山に登りましてね。」

とサラッと言われたら、

「エエッ!?ス、スリランカですか?!」

となることうけあい。男女ともに質問攻めになる事も十分ありえる。

例え海外でなくとも、相手にとって少しでも興味をひく話題を出して会話の糸口にしたい。お笑いの世界では”掴み”というが、アイスブレイクを意識して普段から行動していれば、おのずとアンテナは広がり、会話のバリエーションも増え、確固たるモテる男へと近づいていく。

そこから先は、たとえ100や1,000のネタを持っていても、決してマシンガントークをせずに相手に興味を持ち、しっかりと話を聞き、さりげなくエスコートをするように、大人の余裕たっぷりにトークトゥトークに徹しよう。

底が見えない魅力とミステリアスさもあいまり、いつの間にかマウストゥマウスになる事もあるのだ。

追加でいえば、合コンにしろ食事会にしろオフ会にしろ、できるだけ主催者、リーダー格とつながるようにしたい。

リーダー格の周りにはリーダー格が集まるもので、リーダー格の興味を惹く事ができれば、次々とイベントの連絡が舞い込むようになるからだ。

リーダー格との会話の糸口にもアイスブレイク的な話題は必要。

アイスブレイクのネタを探す行動力を支え、マシンガントークを抑える思考力と忍耐力を鍛えるために、日々『双龍門気功法』に取り組み内臓を鍛える価値があるのだ。

PS.
九州大学の「婚学講座」では、このあたりの情報も披露しているだろうか。

もし現役生がこの記事を読んでいたら、ぜひ内実を教えてもらえたらと願う。

PPS.
『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はBコースに挑戦しよう。

● Bコース(発生ありVer)
・『木醒水舞~準備功~』 5分
・『セイシュ』3分
・『虎の目』3分
・『シュー発声法』3分
・『チュー発声法』3分
・『開合試力(カイゴウシリョク)』3分
・『ねじり返り功』 3分
・『明鏡止水~収功~』 5分
 (合計28分)

● Bコース(発声なしVer)
・『木醒水舞~準備功~』 5分
・『セイシュ』5分
・『虎の目』5分
・『開合試力(カイゴウシリョク)』5分
・『ねじり返り功』 5分
・『明鏡止水~収功~』 5分
 (合計30分)

『双龍門気功法』に取り組む事で、初見の相手ともすぐにうちとけるアイスブレイクのネタ探しの原動力にもなる。

ネタを探すにつれ、人見知りも克服する事ができるだろう。『双龍門気功法』のメリットはてんこもりなのだ。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する