モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男の集中力は燻製には負けない

aoki20140330re

「ちょっと燻製手伝ってくれない?」

花見に向けて何か料理をと彼女と相談中、でてきたアイデアは手作りベーコンだった。

一般のスーパーにあるベーコンやソーセージ、ミートボールなどの加工品はもれなく添加物たっぷりで、知れば知る程食べる気がなくなってくる一品だが、今回取り組むのはブロック豚肉からの手作りベーコン。仕込みにはざっと10日はかかる代物だ。

  • 塩漬けに7日
  • 塩抜き半日
  • 脱水1日

の工程を経て、いよいよ燻製の儀式へ。

段ボールをくりぬきアルミホイルを敷き、網をはめこんだオリジナル燻製器で取り組む。

新調したスモークウッドに新調したガスバーナーで火をつける。火が段ボールにうつらないよう見張る為につきっきりになる必要がある。煙がでるのでもちろん外で。燻製時間はおよそ3.5時間。

軽く読書をし、相棒のMacbookAirで記事を書きひとしきり落ち着いた後、モテる男が取り組んだのは、そう、もちろん、『双龍門気功法』だ。

長時間『タントウコウ』で意識を向ける先

双龍門第76代師範代:黄龍英先生によると、足の親指には東洋医学でいうところの経脈が、本流と支流を合わせて3本の陰経脈が流れている(肝臓の経、腎臓の経、脾臓の経)。腎臓強化『タントウコウ』の最中、足の親指に意識を集中する事で、肝臓、腎臓、脾臓の経脈が活性化し、より効果が高まるのだ。

ラディッツを倒したマカンコウサッポウが指先に全神経を集中させるように、左足の親指、へその上にある水分(すいぶん)、右足の親指に5分置きに意識を集中させて取り組む。

普段は指先が少ししびれる感覚だが、今回は開始数分で手首から指先までまんべんなく電流のようなビリビリした感触を感じる。調子がいい証拠だ。

モテる男の集中力は燻製には負けない

腎臓強化『タントウコウ』の呼吸法で鼻から息を吸う度に燻製の匂いが広がり、手作りベーコンのイメージが頭をよぎる。まるで期末テスト前の追い込み時になぜか掃除をしたくなったりマンガを読み始めるように、集中力がブレブレになってしまう。

正直なところ何度も燻製に意識を持っていかれ、まだまだ修行が足りないのだと再認識できた事が、今回の一番の収穫だった。

モテる男はいかなる場合にも己の集中力を自在に操らなければならない。例えすぐそばで燻製の匂いが充満していても、集中力をとぎらせずに取り組む結果、ハイパーノマドエンジニアのように世界中どんな環境でも集中力をたぎらせビジネスを行う事ができるようになるのだ。

PS.手作りベーコンは市販のものとは明らかに味が違う。素材の味がしっかりと染み出ているからだろう。ハーブの配合等まだまだ改善の余地はあるこれからますます取り組んでいきたい。

PS.
『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はAコースに挑戦しよう。

● 東洋医学を源流とする絶倫コース(Aコース)

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『タントウコウ』(壱、弐、参(左右)各5分、計20分)
  • 『明鏡止水~収功~』 5分

 (合計30分)

長時間取り組む際は、意識を向ける先を左の親指、水分、右の親指と5分おきにでもずらしてみるとより効果が高まるので、ぜひ愚直に取り組んでいただきたい。

モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する