モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男はエステ嬢の尋問も華麗にかわす〜正しい水分摂取量

pic4
東京に住んでいた20代前半の頃の事。

当時知り合ったエステ嬢の影響か、目の下のクマや鼻の毛穴の黒ずみが少し気になり、たまたま目にした広告を頼りに、池袋西側のメンズエステTBCへ無料体験に行く事に。

エステ内には見るからにさえないおっちゃん達がたむろしていた。モテる男になるというより、エステ嬢と知り合いになりたいだけのような。

順番待ち後、店長と思われるキリリとした女性と面談。

「確かにちょっとお疲れに見えますね~。」
「年齢の割にお肌の状態が~。」
「水を2リットル以上しっかり飲んでますか~。」

など、さりげなく不安感をあおるような、カウンセリングという名の尋問を受けた後、いざ無料体験へ。蒸気で毛穴を広げた後、先ほどの女性が鼻の毛穴を無理やりゴリゴリ押してくる。

「へっ?!あ、いや、ちょっ!?まっ!?#&%」

痛い。痛すぎる。

確かに角栓はごっそりとれたが身体も心も傷だらけ。その後の尋問で、

「やはり何度か来て頂いた方が効果がありますからね~」

と言いながらさらりと提示してきた20万円コースを丁重にお断りすると、しぶる僕へ10万円コースをしつこく提案。これはサインしないと帰れないなと悟り、仮契約のサイン後帰宅し、電話でキャンセルの連絡をいれた。

モテる男の水分補給量

今ならわかる。残念ながら、顔の表面だけをキレイにしたって問題は解決しない。外見がいかにピカピカになろうとも、内面を磨かなくてはモテる男にはなれない。身体の内面、つまりは内臓を正常にする事が先決。

先ほどのエステ嬢は尋問中、
「水を2リットル以上しっかり飲んでますか~」
というセリフを何度か口にしていたが、実は大間違いなのだ。水を取りすぎると消化器系に関連する『腎』を疲弊させてしまう。

もしあの時20万円コースに入り、エステ嬢の言う事をそのまま聞いていたら、例え毛穴がピカピカになっても『腎』が弱り、生命力も精力も不足したもてない男のままだっただろう。

さらに双龍門第76代後継者:氏家直哉先生によると、水の取りすぎは”血の汚れ”と感知され、外に追い出そうとし、それが目で起こると白内障・緑内障にもつながるようだ。

モテる男の水分補給量は1日2リットル。ただし飲む量ではなく、きゅうりやキャベツなど食べ物に含まれる水分も換算しての2リットルなのだ。水の飲みすぎに注意し、エステに行くより先に『双龍門気功法』の一つ『タントウコウ』で『腎』を鍛え、エステ嬢を振り向かせるくらいの生命力・精力をつけるほうが得策だ。

参照元:
双龍門第76代師範代:氏家直哉先生の記事はこちら