モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男の条件は皇帝のように健康管理を行う事

aoki20140506
「肉は控えて豆腐をとるように。」

坂本龍一が音楽プロデューサーとして参加した事でも話題になった映画「ラストエンペラー」での一コマ。

3歳で清朝最後の皇帝、後に満州国皇帝となった溥儀(ふぎ)のうんちの匂いを嗅いだ医者の言葉だ。

東洋医学の観点を持っていればこそ、うんちの様子からも様々な情報を知る事ができる。

皇帝ともなれば日々の体調管理は当然の義務であって、側近の医者にかかる責任も重大。

皇帝と同じように専門医、専門営養管理士をつける程の余裕は現役サラリーマンの僕にはないが、自らのロマン達成のために己の体調管理に取り組む事は必要不可欠。

“医食同源”を合い言葉に、双龍門第76代師範代:黄龍英先生の指導の元、内臓に配慮した食生活を送りながら、三国志以前の時代から脈々と受け継がれる陰陽五行説を軸にした『双龍門気功法』に日々取り組み肝臓腎臓を鍛えていれば、そう簡単に病になる事はなく、活力溢れる日々を送れるようになる。

まるで皇帝のように重大な責任感を持って淡々と日々の体調管理に取り組む事で、気づかぬうちにモテる男へと変貌をとげることができるのだ。

青木四郎の『双龍門気功法』レポート(PDFファイル)