モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男の条件は内臓強化とモテる男になりきる事

aoki20140403

本業で接するソフトウェア開発者の中には、時にびっくりするくらい気配を感じない人がいる。

白井さんもその一人。「ちょっとお伺いします。」とメールが届いて数分後。辺りを見回すといつのまにか隣に経っていたりする。

効果音をつけるとしたら「ぬ〜ん。」みたいな。「ぬ〜ん。」と登場しウィスパーボイスで少しつぶやいて「ぬ〜ん。」と帰っていく。

ちびまる子ちゃんで言えば風貌は丸尾君でオーラは野口さんといったところか。当然の様に肌は白く、ややぶよぶよしている事から”気虚(ききょ(気が足りない))”のようにも見える。

仮に白井さんが東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に日々取り組めば、一体どれだけ変化するだろうかと、「ぬ〜ん。」と帰っていく度に思う。もちろん本人に取り組む意思がある前提ではあるけれど。

モテる男の条件はモテる男だと思い込む事

「ぬ〜ん。」の状態から覇気をたぎらせ一歩一歩の力強さが遠目からでも分かるようになるまで鍛錬するとしても、一朝一夕の宝くじ的な方法はなく、やる事は常に一緒で、ロマンを掲げて日々コツコツ取り組むしか方法はない。

モテる男御用達のTEDでちょうどいい動画を発見したので紹介しておきたい。

態度が行動に、行動が結果に

20分程の動画だが完結に言えば、

  1. 大きな態度をとる程に自信が湧く
  2. 本当に自分のものになるまでなりきるべし
  3. 小さな変化が大きな違いに繋がる

という事。

成功哲学などで頻繁に言われる事だが、イメージしてたら本当になっちゃうよ的な内容だ。

とは言えいきなり理想の姿になりきるというのも、内臓が弱っている人にとってはなかなか難しいかも知れない。

そんな時こそ東洋医学を源流とする『双龍門気功法』の出番だ。『双龍門気功法』で肝臓腎臓を鍛えれば数々の能力が飛躍的に向上する。

=========
『肝』・・判断力、思考力、ストレス耐性、決断、勇気
『腎』・・集中力、継続力、生命力、記憶力、ボケ防止
(あわせて行動力、ポジティブ思考)
=========

東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に取り組む事で意欲が増し、己の理想に邁進する原動力になり、それとあわせて自らの理想形を妄想しつつ、日々の活動に取り組みたい。

内臓を鍛えながらなりたい自分を妄想し、邁進する事で、結果的に女性はもちろん年齢、性別、趣味、職業を越えた人間にモテる男に進化を遂げるのだ。

PS.

『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はAコースに挑戦しよう。

● Aコース
- 『木醒水舞~準備功~』 5分
- 『タントウコウ』(壱、弐、参(左右)各5分、計20分)
- 『明鏡止水~収功~』 5分
 (合計30分)

参照元

###モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する