モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男の条件はバイアグラを飲まない事

sasaki

タイで会ったリアーナ風の推定20歳ギャルとの一夜のロマンスを台無しにして以来、もてない男だった僕は、夜の生活に自信を持てなくなっていた。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
いざ、尋常に勝負!を迎えれば、抜刀はするものの、硬度の足りない刀では勝負にならず、地獄のミサワを呼ぶ事も数知れず。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
「今日は飲み過ぎちゃったからな~」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
「昨日あんまり寝てないんだよね~」

<

p style=”margin-top: 2em;”>
的な。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
当日その場のコンディションによって、勝負できるか、まるで勝負にならないか、まるで読めなくなっていた僕はついに、夜サプリに手を出す事にあいなった。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

それは、バイアグラ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
・・・ではなく、もっと安っぽい代物。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

すっぽん・・でもなく、その模造品的な。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

近くのドラッグストアで1,000円程で購入できるタイプの夜サプリ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
そういえば他にも通販でアルギニンという夜サプリを購入した事もある。こちらは4,000円くらいだったような。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
効果があるのかないのかはっきりしないまま、まるですがるように、ナイトライフにはかかせないものになっていた。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

モテる男はバイアグラは飲まない

<

p style=”margin-top: 2em;”>
バイアグラに限らず、夜サプリは強制的に血流を調整する事で、一時的に佐々木小次郎の物干し竿のようになれるといううたい文句だが、同時にかなりの反動が身体を襲う。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
東洋医学的には、血流調整といえば肝臓と心臓で、二つの臓器は相互にバランスをとりながら血液の循環と調整を行っているが、夜サプリを導入する事で無理やりバランスを入れ替えるために、様々な副作用が発生する。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
血を貯蔵する肝臓から適量を超えた血量をどんどん心臓に送る程、心臓の負担は重くなり、

<

p style=”margin-top: 2em;”>
動悸、胸焼け、吐き気、頭痛、顔のほてりなどなどが発生。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
今回、バイアグラを飲むとメラノーマ(皮膚がんの一種)になる確率が倍になるという記事を見つけたが、それだけではなく、身体にとっては大きな負担がかかるのだ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
ひるがえって、東洋医学を源流とする『双龍門気功法』に取り組み、自らの内臓を淡々と鍛錬するモテる男は、バイアグラなんて必要がない。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
『双龍門気功法』は血を主る肝臓と、生命の源である”精”を主る腎臓という二つの臓器をバランスよく鍛える事が可能。

<

p style=”margin-top: 2em;”>
モテる男はお金を払ってわざわざメラノーマのリスクを増やし、心臓に負担をかけなくとも、まるで佐々木小次郎のようなどっしりとした硬度を手にいれる事ができるのだ。

<

p style=”margin-top: 2em;”>

関連記事:

<

p style=”margin-top: 2em;”>

バイアグラを1度でも飲むと悪性の皮膚がんの発症リスクがほぼ2倍になるという研究結果

タイのリアーナ

夜のダメだしを食らわないのがモテる男

モテる男はいくつになっても亀仙人

###モテる男も活動の肝臓腎臓強化部

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する