モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男の合言葉は”買うなら国産”

natto

『双龍門気功法』の一つ腎強化の『タントウコウ』に30分取り組み、内臓強化に努めた後の夕食時、いつものように納豆2パックを取りに冷蔵庫を開けると、見慣れない納豆が3パック×2セット置いてあった。特売でもあったのだろうか。ちらっと原材料をチェックすると、何やら気になる表記が。

【たれ】と【からし】はほとんどの納豆食品と同じように、あれやこれやの添加物パレードで、もちろん封をあけたら即ゴミ箱行きだが、気になったのは丸大豆。

“丸大豆(アメリカまたはカナダ)。”

“または”って何なんだい”または”って。製造過程でガラガラポンになってるってことかい?よくよく見れば、注意書きとして、適時切り替え・混合して使用と記載が。気になって調べると、農水省のガイドラインにもしっかり記載があった。

>重量割合の多い順が頻繁に変動する場合、又は原産国の異なる大豆を頻繁に切り替えて使用する場合は、その大豆が同一農業地域(アメリカ、カナダの北米地域等)内で生産される場合に限定して「アメリカまたはカナダ」等の記載が可能。

ようは、ガラガラポンって事。あんまりいい気分はしない。

さらに、”遺伝子組み換えではない”と記載はあるものの、現状のルールでは、遺伝子組み換えが5%未満であれば、遺伝子組み換えではないと表示できてしまう。EUは0.9%なのに。

日本の規制は厳しいようで、そうではない場合も多い。スーパーに行けば国産の納豆がたくさん発売されている以上、例え数十円高くとも国産を選びたい。日本の農業を守るためにも。

早速近所のスーパーに向かい、納豆コーナーで原材料をチェック。国産100%の納豆を3セット買い、これみよがしに冷蔵庫に置いておいた。今や冷蔵庫の中は納豆だらけ。だが気にしない。血をつくるために大豆は格好のアイテムなのだ。

後程冷蔵庫を開けた母親が何やら驚いていたが、”買うなら国産”と強く言っておいた。モテる男の合言葉は、”買うなら国産” だ。

参考:
輸入に頼る日本の食卓

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する