モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男のお酒のたしなみ方

fcccae140e278729_S2
『肝』『腎』を鍛え上げるモテる男にとって、『肝』にダメージを与えるお酒は本来ご法度だ。しかし時にはどうしてもお酒を飲みたいケースもあるだろう。

想像してほしい。時はクリスマス。場所は香港。

数百もの高層ビルが立ち並ぶ煌びやかな100万ドルの夜景とシンフォニーオブライツをバックに、愛しい女性とフルコースの豪華ディナーをたしなんでいる時、アルマーニのスーツに身をつつんだ一流ソムリエがそっと近づき穏やかに口を開く。

「お客様。お飲み物は何になさいますか?」

「あ、僕ウーロン茶で。」

・・渋い。渋すぎる。

愛しの女性はあっけにとられ、アルマーニのスーツに身をつつんだ一流ソムリエもおそらく、

「パードゥン?」

と言うに違いない。

元々飲めないならまだしも、このシチュエーションでウーロン茶を頼める勇気・・只者ではない。

モテる男のお酒のたしなみ方

『肝』にダメージをあたえるお酒は原則NGだが、禁酒を続ける事でストレスがたまるのも逆効果。そこで、モテる男のお酒のたしなみ方を提案したい。モテる男のお酒のたしなみ方は、一言で言えば、”量より質”だ。

もし現在、仕事帰りに毎日発泡酒を飲んでいたとしたら、飲む回数を3日に1回にし、プレミアムモルツを選ぼう。モテる男なら一番高いものを買えばいいのだ。たかだか300円くらいのものだ。

3日ぶりに飲むプレミアムモルツを一口飲んだ時、極上の一時を感じる事ができるだろう。3日おきに慣れたら次は1週間だ。ギネスでもハイネケンでもアイリッシュビールでも、好きなものを飲めばいい。

1週間おきになれたら2週間。その次は1ヶ月と徐々に飲む回数を減らしていこう。愛しい女性と会えない期間が長いほど思いがつのるように、お酒との距離をあえて少しずつ空けていこう。距離が空くほど 会った時の極上の味わいを感じる事ができる。これこそがモテる男の”粋”というものだ。

これから忘年会シーズン。お酒の誘惑は絶え間なく訪れる。もしこれまで全ての忘年会で飲み続けていたとしたら、2回に1回、3回に1回はあえて飲まずに忘年会に参加するのも悪くない。クリアな頭で忘年会に参加する事で、これまで気にもとめなかった事に気づくかもしれない。

『肝』をいたわり、お酒との距離感をあえて楽しむ余裕こそが、モテる男のお酒のたしなみ方というものだ。

PS. 禁酒に慣れてきたらどんどん禁酒を継続しよう。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する