モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男にとってコンビニの価値はトイレとATMだけ

dre

ネットバンクに入金するため、久しぶりに近所のセブンイレブンに向かった。

東洋医学(中医学)に出会うまでは、週3ビールとハイボール、健康にいいだろうと森永のフルーツ入りヨーグルトに伊藤園やカゴメの野菜ジュース、セブンイレブンに並べてあるつまみを数種類買い、1日で全部食べてしまうという事もよくあったのだが、今思えばなんて不健康な生活をしていたんだろうなと、我ながら呆れてしまう。

ATMへ入金を済ませた後、ふらっとつまみコーナーを見て原材料をチェックすればあれやこれやと添加物がずらり。いくつか見比べたが、10種類以上入っているのがあたり前。ドレッシングももちろん添加物だらけ。

こんなものを毎日食べていたら、慢性的な味覚障害、キレやすい子ども、うつ、草食系になるのは当然。最近の社会問題の多くは、コンビニ帝国の巧妙な戦略によるものだ。

先日目にしたニュースでは、セブンイレブンの世界売上がついに10兆円に届く見込みらしい。

新自由主義というユダヤ金融主義にのっとり、強欲のままに利益と効率を追求したセブンは、グローバリゼーションに対応した成功モデルではあるが、その一方で、添加物だらけの食品で世界中に大量のもてない男を量産し、消費者に見えない所で日々大量の廃棄物、オーナーへの不当取引など闇も多く、セブンによって倒産した店は数知れない。

そういえば10代の頃代々木のampmでバイトをした事があるが、その時のまかない(?)はいつもコンビニの弁当だった。それからもてない期間が数年続いたのも、実はあのバイトのせいだったのかもしれない。

コンビニから距離を置き、原材料を意識した食生活と、『双龍門気功法』の鍛錬によって、随分と頭が冴えてきたが、もしあのまま週3ビールとハイボールの生活が今も続いていたら・・

病気になっても何も心当たりがないと言い、西洋薬を飲み、がん保険などに入っていたかもしれない。まんまと『新・3大悪の帝国』にとりこまれていた可能性だって十分にあるのだ。本当に、気づけて良かった。もっと多くの人に、真実を気づいてもらわなければ。

いい気分でいられない。セブンイレブンの正体

セブンイレブン 世界売上10兆円

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する