モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男が見るウルフ・オブ・ウォールストリート

wolf-2
1980年代~1990年代のウォール街で荒稼ぎした、実在するジョーダン・ベルフォートの回想録を元にしたR-18指定の映画はまさに「セックス・ドラッグ・ロックンロール」な映画だった。

生まれ持った内臓の強さで若くしてのし上がり、途中からドラッグ×アルコールで肝臓に大ダメージを与え運気が下がり堕ちていくという典型パターンではあったが、映画としてみればこれくらい波乱万丈の方が映えるし、見ていてもスリリングだから人気がでるのだろう。

レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)扮する主役のジョーダン・ベルフォートは『覇王色の覇気』をバシバシだしていたが、肝臓が弱まるにつれその覇気も次第になくなっていた。

映像中ちらっと彼の奥さん(公爵夫人)が、風水を気にしてインテリアを配置していると言っていたが、仮に奥さんが『双龍門気功法』を知っていて、ジョーダン・ベルフォートと共に取り組んでいたら、肝臓のダメージも軽減され、運気もあがり、幸せな生活のままでいられた可能性もあっただろう。

ドラッグにしろ酒にしろ、肝臓・腎臓を痛めつける生活をしていては、遅かれ早かれその反動は自分に返ってくるのだ。

どれだけお金を稼ぐかというのは、資本主義である以上、個人の自由だと思うが、稼いだ分で豪遊して内臓に大ダメージで運気が下がって堕落というルートは、モテる男としてはあってはならないのだ。

ロマンを掲げてガチで本気出して取り組み、ついにロマンを実現させたとしても、己を忘れずしっかり自己コントロールできるように、日々黙々と『双龍門気功法』に取り組み、肉体的・精神的共に鍛錬していこう。

PS.
『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はAコースに挑戦しよう。

● Aコース

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『タントウコウ』(壱、弐、参(左右)各5分、計20分)
  • 『明鏡止水~収功~』 5分

(合計30分)

仮に突然とびっきりの収入が入ったとしても、自らの身体を律し、安定・充実を優先にするクセをつけるためにも、日々淡々と継続していこう。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する