モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男が取り組む気功は医療ベース

kikou
ジョホールバル、シンガポール、中国、香港、マカオ、日本と、アジア中を飛び回る起業家真田さんの元には連日のように富裕層、経営者の方が訪れていたが、『双龍門気功法』で以前にも増して絶賛パワーアップ中の彼の元には、何十年も修行を続けている気功の達人も訪れるようになったそうだ。

真田さんは2013年から毎月香港・マカオでビジネスの勉強会を実施しているが、2013年12月、2014年1月と立て続けに気功経験者が訪れ、気功トークに華を咲かせたとの事。気功には様々な種類があるが、その達人は握手で人を殺せるという流派らしい。

以前なら絵に描いた餅のように思っていただろうが、気功によって細胞レベルでミトコンドリアを振動させ、全身の毛細血管を活性化させる事が出来る以上、あながち、ありえない話ではないと思えるようになっている。

「ちょっと握手してもらえませんか。」

などとは、冗談でも言えない・・・

やはりその達人も、覇気を身にまとっていたそうだ。気功を扱えるようになれば自ずと、人が発しているオーラが見えるようになってくる。『双龍門気功法』によって内臓が鍛えられ、『見聞色の覇気』が鍛えられている結果だろうか。

しかし真田さん曰く、その達人の体型はふっくら。『肝』が弱っていたそうで、証拠に、以前億単位の資金をドバイショックで吹っ飛ばした経験があるらしい。(『肝』が弱ると運気も下がる。)

気功は様々な流派に分かれ、その目的も様々だが、様々な気功関連の書籍・情報を目にしたものの『肝』・『腎』を鍛える事に特化した気功は見た事がない。

対して、ジョホールバルの先生から伝授頂いたモテる男が取り組む『双龍門気功法』は医療ベース。

握手をして人を殺せることも気を発して人を吹き飛ばす事もできないが、尋常ならざる鬼神のような集中力・判断力を発揮し、マリーナベイサンズでもグランドリスボアの中でも、やろうと思えば抜群の集中力で仕事をこなし、やろうと思えば抜群の夜のスキルで人生を愉しめるというわけだ。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する