モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

バッシングなしのサプライズな体験を

img062
現在週一で行われている双龍門第76代師範代:黄龍英先生の講義では当たり前のように、

「えっ!そうだったんですか!」

と思う事が溢れている。

- 『双龍門呼吸法(双龍門気功法)』で関元に意識を置く意味
- 便秘の弊害
- タバコとステロイド併用の危険性
- ドライヤー・スプーン・エレキバンの効用
- インフルエンザが本当に流行る季節
- SARSに関するあれこれ
- 肺に穴があく気胸の治し方
- 8歳の砂糖中毒の話

などなど。

双龍門第76代師範代:黄龍英先生のお話は、奥深さとシンプルさが入り交じるなんとも不思議な体験なのだ。

今回行われるセミナーでも、世間一般の常識という視点から見ればあまりに奇想天外な内容に思えるかも知れない。

双龍門第76代師範代:黄龍英先生が話す内容をもとにテレビ番組をつくり、それなりのキャストを揃えれば、けっこうな人気番組になるだろう。

何しろこれまでの健康情報がことごどくひっくり返っちゃうから。

健康のデファクトスタンダートになりうるのだから。

実際にはいろんなところからの(利権に絡んだ)バッシングがくるだろうけど。

知りたい人だけにこっそり教えられるセミナーという形だからこそ、バッシングを受ける事なく「ホンマでっか!』的なサプライズを余す所なくお伝えする事ができるのだ。

5月25日大阪でのセミナー以降、次回はまったくの白紙。

この機会を逃す事なく、サプライズな体験を味わって頂きたい。

グランドマスターに学ぶ中医学〜現役中医師と現役精神科医の特別対談〜