モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

ナッツの食べ過ぎで痛恨の一撃を食らった男

脇の下への痛恨の一撃を食らって以来ナッツ禁止月間継続中。失ってはじめてわかる口寂しさを身をもって実感中の今日この頃だ。

痛恨の一撃を食らうまではまるでヘビースモーカーがちょっとした休憩時間でスパスパ吸うように、ちょっとでも隙間時間があればアーモンド、くるみ、カシューナッツを手づかみでボリボリと食べていた事が脳裏をよぎる。

東洋医学を源流とする『双龍門気功法』によって肝臓と腎臓を鍛え、さも身体全体がパワーアップしたかのような錯覚に捕われていたのかもしれない。まるでパワーに重きをおいたためにスピードが疎かになったスーパーサイヤ人2のトランクスのように・・・

『双龍門気功法』はあくまでも肝と腎に専念している

『双龍門気功法』は陰陽五行説で言うところの、

  • (木)『肝・胆のう』
  • (火)『心・小腸』
  • (土)『脾臓・胃』
  • (金)『肺・大腸』
  • (水)『腎臓・膀胱』

のうち、30代40代の忙しい現役サラリーマンが昼も夜も活力溢れ活躍できるようになるために最重要の臓器である、(木)『肝・胆のう』と(水)『腎臓・膀胱』に焦点をあてた功法であって、消化器系の(土)『脾臓・胃』については考慮されていないのだ。

これはきっと進化のための試練

数ヶ月に渡り繰り広げられたナッツ流星群の誘惑から逃れるのは困難を極め、口寂しさこの上ないが、これはきっとモテる男の次のステップのための試練なのだろう。そう思えば、口寂しさも幾分気が楽になる。

発想転換すればさらなる体重減も見込める。なんたってカルディのナッツは一袋668kCal。トップバリューの素焼きナッツも一袋648kCal。それらを毎日のようにバクバク食べていても体重は減っていたのだから。

タイミングよく健康診断も近づいてきたので一つの目安にしつつ、もちろんなんちゃってスパートはかけずに淡々と東洋医学を源流とする『双龍門気功法』で肝臓腎臓を鍛えつつ、ナッツを外し、肝腎食で体の調子を整え、この難儀をうまいこと乗りこなさねば。

ピンチはチャンスを地でいくからこそ、モテる男はモテる男であり続けられるのだ。

参照元

脇の痛みは脾臓が原因だった・・!?

PS.

『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はAコースに挑戦しよう。

● 東洋医学を源流とする絶倫コース(Aコース)

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『タントウコウ』(壱、弐、参(左右)各5分、計20分)
  • 『明鏡止水~収功~』 5分
  •  (合計30分)

###モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在1,000人超。東洋医学を軸に日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する