モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

じいさん達の気功は、じいさんになってからやればいい

take_jpg-3
先日あるテレビ番組で、エセ気功師が気を放った場合に、一般の方がどういう反応をするのかという人間観察が行われていた。

まず、エセ気功師がどれだけすごいのかという権威づけ。次に、実際にエセ気功師が気を発し、弟子が飛ばされるというパフォーマンスを見せる。さらに、エセ気功師が3人のエキストラ(仕掛け人)を並べ、気を放って全員倒す、というパフォーマンスを見せる。いよいよ、3人のうち真ん中の1人を一般の方に入れ替え、再度エセ気功師が気を放つ。

結果は・・

一般の方は見事に倒れてしまった。

後に話を聞くと、

「気は感じなかったが、なんとなく倒れた方がいいかなと思った。」

だそうだ。

ドッキリ企画ではあったが、この場面だけを撮影しYoutubeにでもアップしたら、だまされる人もでてくるだろうなと怖くなると同時に、気功がうさんくさく見える原因とも思ってしまった。

外気功はトップクラスの実力者のみ

気功には大きく分けて、体内のエネルギーを循環させる『内気功』と、体外に気を放出し人を倒したり治療する『外気功』の2種類があるが、テレビはパフォーマンス的に映えるためか、『外気功』しか取り扱わない。

双龍門第76代継承者:氏家直哉先生によると、本物の『外気功』を使える達人も存在はするが、日々の鍛練を数十年重ね、ようやく到達できる最高レベルの技術が『外気功』であり、そうそう本物に出会える事はないらしい。

例えるなら、

  • ゴロゴロの実のエネル
  • もしくは、

  • グラグラの実の白ひげ/黒ひげ

だろうか。

先程のエセ気功師のように、周りの協力によりエセでも本物っぽく見えてしまう以上、残念ながら、『外気功』を使えると豪語する人に関しては、疑ってかかった方がいいだろう。

ウソップにもできるのが『双龍門気功法』

『双龍門気功法』が扱うのは『内気功』。こちらは悪魔の実の能力者でなくても修得可能。ウソップやナミ、チョッパーでも取り組む事ができるのだ。

“3D2Y”の後、麦わらの海賊団全員が大幅にパワーアップしたが、あれは実は『内気功』を修得したからではないかと思っている。ゾロが『武装色の覇気』を、サンジが『見聞色の覇気』を使えるようになったのがなによりの証拠。

仮にウソップがサウザンドサニー号の乗船中も『タントウコウ』を続ける事ができれば、これらの能力に開花する日も遠くないはずだ。

じいさん達の気功は、じいさんになってからやればいい

エセ気功師を例に出すまでもなく、巷の気功はあれやこれやとややこしい理論たっぷりだ。昼も夜もアグレッシブに活動したい、30代、40代の男にとっては余計な知識が多すぎる。

  • チャクラを鍛える?-> そんなものは必要ない。
  • 人を飛ばせる?-> ケンカになれば必要かもしれないが、モテる男はケンカに巻き込まれない。
  • 人を治したい?-> 修得には長年の鍛錬が必要。限られた人生、気功に捧げる事ができるか。

もちろん双龍門第76代継承者:黄 龍英先生は巷の気功の理論、内容も把握されているが、今回は30代40代のために、男としての人生を謳歌できるように、『肝』と『腎』を徹底強化する気功法に特化していただいた。

“じいさんたちの気功は、じいさんになってからやればいい。”

シンプルで即効性抜群な功法を厳選し、ウソップにもできるよう落とし込まれた気功法。それが、『双龍門気功法』なのだ。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する