モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

インポを乗りこえ人生をフルチューニングするのがモテる男

aoki20140319
「男2人でしょ!?絶対タイだよタイ!」

2010年2月。

もてない男だった当時、年末に開催された高校の同窓会で坊主エロサーファーの谷村君と意気投合。どこか海外行こうぜと盛り上がり、世界一周バックパッカーの経験を持つ谷村君の人生の先輩の元へ教えを乞いにいった。

オーストラリアかシンガポールと思っていた僕らをバックパッカーは一刀両断。

「男2人でしょ!?絶対タイだよタイ!男の楽園だよ!?」

それから30分以上に渡り熱弁は続き、あっさりとタイに進路変更。

ちょうど連休も重なり、90分44,000円の夜の蝶ショックで負った傷心をひきづりながら、飛行機に飛び乗った。

カルチャーショックなカオサン通り

時差含む7時間のフライトを終えバスに揺られて1時間。当時の人生最長のフライトを終えくたびれていた僕らの身体は、カオサン通りに降り立った瞬間に、圧倒され、覚醒した。

バックパッカーの聖地と聞いてはいたがあらゆる人種が連休中の竹下通りのように行き交り、大音量のBGMがそこかしこで鳴り響き、プレミア中継と生バンドライブとテクノ系のドラムンベースがあっちこっちで鳴り響き、一息つこうとオープンカフェに座れば肩幅でかめな南海キャンディーズの山ちゃんみたいなニューハーフがニコリともせず目配せしてくる。

「な、なんじゃこの街は・・!#%?」

とびっきりのカルチャーショックにもてない男らしく萎縮し、日本円にして900円くらいの安宿に移動。送風しかでないクーラーをつけてシングルベッドに二人で一夜をともにした。

ゴートゥーナナ

翌朝、朝食を食べトゥクトゥク、水上タクシー、BTSを乗り継ぎウィークエンドマーケットやらムエタイやら観光し、いざお目当ての場所へ。

向かった先はナナプラザ。

タクシーの運ちゃんに軽く騙されながらもどうにか目的地に到着。これまた圧倒される。

目に入る場所全てが○×%$(興味のある方は検索してほしい)

気を落ち着かせようと2人で地獄のミサワごっこをやりながらハイネケンをグビグビ飲んでいると、白髪まじりのベテラン駐在員らしき日本人が話しかけてきた。

「とりあえず全部見ておいで。男多いから気をつけて。」

まるでモーセの十戒のように言われるがまま話を聞いている最中、華僑らしきおっちゃんが5,6人の女の子を引き連れて店から出ていった。「・・ど、どういうことだってばよ・・」 ベテラン駐在員はピクリともせず話を続ける。20分程教えを乞いた後、モーセの教えを忠実に守り全店をチラ見。黄色い声とダミ声の入り交じる店舗を避け、ここなら大丈夫だろうと高をくくり、十数名の中から一人を選び、ついにその時がやってきた。

あぁ僕のポコちゃん・・・

相手は推定20歳。リアーナっぽいスレンダーな今どきギャルで、淡々と部屋へ移動。淡々と支度をすませ、淡々とシャワーを浴び、ついにハグからのマッサージがはじまった。

2分、3分、、マッサージを丹念に繰り返すもポコちゃんは眠ったまま。むくりとも起き上がらない。

4分、5分、、いやな汗がしたたりおちるもポコちゃんは微動だにしない。まるでしっぽを握られた悟空のようにへたれたまま。

淡々と仕事を終わらせるつもりだったリアーナ嬢についに火がついた。

リアーナ嬢「%#@#&!!!」

もてない男「・・ファッ!?」

リアーナ嬢「%$”)*@#!!!」

もてない男「オーマイポコ!」

リアーナ嬢「%$”)*@#!!!」

烈火の如く燃え盛る彼女を前に、もはや白旗をあげるしかなかった。

もてない男「・・・アーユーアングリー・・?」

リアーナ嬢「ィエーッ!!」

もてない男「・・アイノー・・」

バタンッ!

お金を受け取るとリアーナ嬢はすぐさま部屋を出て行った。

翌日以降、アルピニー公園で休憩中、涙がしたたりおちるのをぐっとこらえ谷村君に虚勢をはりながらも、昨日の悪夢は脳裏から離れる事はなかった・・

あれから数年後。

東洋医学を源流とした『双龍門気功法』にて徹底的に内臓を鍛え、『絶倫気功』の力も携え、今や夜の生活に一抹の不安もなくなった身として、もし当時の僕が東洋医学に出会い『双龍門気功法』を身につけていたとしたら・・

もちろんあの時の経験があってこその今があるわけで、確かにいい人生経験ではあったものの、人生初の東南アジア遠征は大きな失態を胸に、不完全燃焼なまま幕を閉じる事になったのだ。

幸いな事に、愛しの彼女から夜の生活でクレームを受けた事は今のところなく、平穏無事を保っているが、もし、もてない男だった過去の僕のように夜に自信がないとなげくなら、『双龍門気功法』で徹底的に内臓を鍛えよう。

心臓に強烈な負担をかけるバイアグラなしで、人生のフルチューニングをかけるのにふさわしい功法だからだ。

■□■□

モテる男が取り組む『双龍門気功法』により、東洋医学でいうところの『肝』『腎』を鍛え上げれば、昼は抜群の集中力、決断力、持続力でアグレッシブに活躍し、夜は『絶倫気功』の効果もあいまりめくるめく夜を堪能できる。

約1,800年前から脈々と続く、時に戦を、時にまつりごとを行う皇帝のための鍛錬法。それが『双龍門気功法』なのだ。

『双龍門気功法』の全貌を確認する