モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

マシンガントークはもてない男の証

osya

2014年1月2日。

友人のドタキャンにもめげず、モテる男の彼女の友人ユカリは、一人初詣に向かった。お賽銭に並ぶ最後尾に向かい待つ事数分。前に並んでいた男性がふと振り向き、思わずユカリと目があう。

「・・あ、どうも・・・。」

「・・あ、こ、こんにちは・・・。」

・・・

・・・

「・・・あのー、お一人ですか・・?」

「・・・えっとー、そうなんです・・。」

偶然前に並んでいたケンジも独りで初詣に来ていた。実家は熊本、仕事は佐賀。帰郷したタイミングで独り初詣に来ていたのだ。

偶然にも同じ歳だった二人は意気投合。互いに遠慮しつつも連絡先を交換し、佐賀に戻ったケンジとは、LINEで毎日やりとりが続いた。恋の病にかかったユカリは2週間で5kg減。食事が喉を通らなくなったらしい。

人工甘味料がたっぷり入ったダイエットシェイクより、恋の病にかかった方がよっぽど痩せると実証したユカリは、出会ってから3週間後、熊本と佐賀の間、福岡の地で、ついに初デートとあいなった。

炸裂するマシンガントーク

明るめの勝負服を身にこなし、いつも以上にぱっちりメイクをきめたユカリは、意気揚々と待ち合わせ場所に向かう。

ほどなくしてケンジと合流。

高鳴る鼓動を気づかれまいと、自然と言葉数が少なくなっていたらしいが、残念ながらケンジには届かなかった。しばしば続く無言に耐えきれなくなったケンジは、ただひたすらに思いのたけを話し続ける。

「ユカリさんメールではたくさん話してくれるのに今日はちょっと静かだね。そういえば初めて会った藤崎八旛宮の時すっごい寒かったよね。独りで立ってたからすごい時間持て余してたんだけどあの時もし僕が振り向いてなかったら今頃一人で福岡かーとか思ったら奇跡みたいな話だよね。そういえばユカリさんちょっとスリムになった気がするけど気のせい?痩せてちょっと雰囲気変わったよね。前よりキレイになったっていうか。福岡だと中間だからこれからも会いやすいよね。僕の仕事土日も仕事になる事があるんだけど、少し早めに調整すれば休みもとれなくはないよ。そういえば天神におしゃれなカフェがあるんだよね。フルーツがいっぱいトッピングされたパンケーキとか。ユカリさん甘いもの好きかな、僕は好きなんだけどな。そういえば今日どうやって来たの?車?電車だったら送るよ?」

ユカリも最初は相づちをうっていたが、いつの間にか無言に拍車がかかり、何も話せなくなってしまった。その後もケンジの孤独のマシンガントークは止まらない。新幹線で来ていたユカリを車で熊本まで送るものの、結局ご飯も食べずに別れる事に。

後日ユカリは、モテる男の彼女にそっとつぶやいた。

「私も話したかった・・・。」

ケンジへの想いは一気に冷め、以来連絡はとっていないらしい。

モテる男は場の雰囲気を察する

例えばレオナルド・ディカプリオ (Leonardo DiCaprio)主演のウルフ・オブ・ウォールストリートの主人公ジョーダン・ベルフォートのように、職場でも飛行機でもバーでも一瞬にして雰囲気を変え、

「TPOは、オレ。」

とでも言うべき『覇王色の覇気』を持っていれば別だが、僕も含め一般的なモテる男なら、場の雰囲気は察しなければならない。場の空気に合わせるかあえて外すかは別としても、その場所、人が発する雰囲気を、それとなくでも察しなければならないのだ。

『双龍門気功法』で『肝』『腎』を鍛え、『見聞色の覇気』を身につければ、相手の姿勢、態度、言動など様々な事を通し、場の雰囲気というものを察する事ができる。

初デートで女性が緊張し、言葉少なになっていたとしたら、決して独りよがりにならず、ゆっくりとコミュニケーションをとっていくべきだ。

モテる男は孤独のマシンガントークはしない。モテる男は大人の余裕を持って、ゆっくりと会話のキャッチボールを楽しむものだ。

PS.
『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はAコースに挑戦しよう。

● Aコース

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『タントウコウ』(壱、弐、参(左右)各5分、計20分)
  • 『明鏡止水~収功~』 5分

(合計30分)

例え初デートで無言の時間が流れようと、焦って独りよがりのマシンガントークをしないように、『双龍門気功法』のAコース『タントウコウ』に取り組むように、どっしりと構えるようにしておきたい。