モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

すぐ怒る人は肝臓に負担がかかっているもてない男

anger1

「い〜な〜せだっね、夏を連れて来た人っ♪」

毎年恒例の地域行事に参加し、歓送迎会の3次会での出来事。18名でスナックをほぼ貸し切りてんやわんやの大騒ぎになるなか、突然店内に大きな音が響いた。

バチコーン!!

音のした方へ視線をやると、髙田延彦と亀田兄弟の父親を2で割ったような超体育会系のアラフォー男性がデカい声を張り上げ、仲のいい年下と絡み始めていた。その後も時折、パーン!と言った音が響き渡る。

絶対そのアラフォー男性の席には座らないと誓いながら、隣の人がリクエストした”め組の人”を熱唱した。

すぐ怒る人は肝臓に負担がかかっているもてない男

超肉体系のアラフォー男性はきっと意識していないだろうが、すぐに手がでるということはもれなく忍耐力が不足し、普段より怒りやすい体質になっている事が伺える。

東洋医学では七情というが(喜、怒、憂、思、悲、恐、驚)、その中の一つ”怒”は、イライラしたりストレスがたまる事で発生し、普段生活している中でもっとも関わりやすい。

ストレスは肝臓に負担をあたえ、過度に怒ると肝臓の機能が低下し肝臓の気が顔に上り、

  • 頭が痛い
  • 顔色が赤い
  • 眼も紅い

さらに肝臓にダメージがあると、肝臓は血を司る臓器のため、血を吐く事もあり、怒りがさらに強くなると、身体中へ栄養を分配する脾臓にもダメージが及び、身体中あちこちに問題が発生しだしてくるのだ。

モテる男は『双龍門気功法』に真摯に取り組む事で、肝臓強化の『虎の目』で肝臓の熱を冷まし、正常な機能を維持する事を念頭におき日々取り組む事で、徐々にストレス体制や思考力がアップし、すぐに怒ったり誰かを叩かなくてもすむのだ。

=====

  • 肝臓を含む『肝』・・判断力、計画性、ストレス耐性、決断、勇気
  • 腎臓を含む『腎』・・継続力、生命力、思考力、記憶力、ボケ防止
  • (あわせて行動力やポジティブ思考)

=====

PS.

『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、本日はBコースに挑戦しよう。

● Bコース(発生ありVer)

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『セイシュ』3分
  • 『虎の目』3分
  • 『シュー発声法』3分
  • 『チュー発声法』3分
  • 『開合試力(カイゴウシリョク)』3分
  • 『ねじり返り功』 3分
  • 『明鏡止水~収功~』 5分
     (合計28分)

● Bコース(発声なしVer)

  • 『木醒水舞~準備功~』 5分
  • 『セイシュ』5分
  • 『虎の目』5分
  • 『開合試力(カイゴウシリョク)』5分
  • 『ねじり返り功』 5分
  • 『明鏡止水~収功~』 5分
     (合計30分)

肝臓の熱を冷ましストレス耐性も同時にえられるのが『双龍門気功法』ならでは。過度な怒りをできるだけ抑え中庸の立ち位置で日々を過ごす事で、病気知らずの屈強な身体へと進化をとげていくのだ。

■□■□■□■□
モテる男も活動の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活動で、女性にはもちろん、年齢・性別・職業・趣味を超えた”人間にモテる男”を共に目指そう。

参加人数は現在900人超。日々活発な意見交換がされている。

生涯にわたりバイアグラ不要の充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。絶倫になりたいと思うなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

->肝臓腎臓強化部に参加する