モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

モテる男の幸福論

behappy
photo credit: symphony of love via photopin cc
先日某テレビ番組で、ラテ欄を目にした瞬間に興味を引いた番組があった。文学、経済学、哲学、心理学の異なるジャンルの有識者が集まり、互いに1冊紹介する本を持ち寄って、「幸せとはなんぞや?」と議論するという趣旨だ。

政治・経済・健康など、利権まみれのジャンルについては、テレビを見る価値はほぼゼロだと思っているが、こういった実験的な番組は純粋に面白いと感じる。

  • 文学は、伊原西鶴「好色一代男」
  • 経済学は、アダム・スミス「国富論」
  • 哲学は、ヘーゲル「精神現象学」
  • 心理学は、フロイト「精神分析入門」

1時間程議論し、それぞれが思う幸福について発表していた。

  • 自分の満足のために取り組む事
  • 他人から認められる事
  • 愛する人を思いやる事

など話題になっており、その番組を通じてモテる男がしっくりきた表現を紹介したい。

モテる男の幸福論

モテる男にとって幸せとはなんぞや?と問われれば、今のところはこう答えるだろう。

「ロマンを掲げてガチで本気出して取り組む中で、年齢、性別、仕事、趣味、国籍を超えてモテ続ける事。」

ここでいうモテる事とは、信頼、称賛、承認、評価、尊敬など多岐に渡り、モテ続ける事というのは、30代、40代、50代、60代、70代、ずーーーーーーっとモテ続ける事を言う。

やりたい事に没頭しながらも、誰からも相手にされない状態のままではやっぱりさびしいし、それではモテる男とは言えない。モテる男の特徴として、新たな出会いにビビらないという事があるが、独りよがりではなく、いかに周りを巻き込んで進んでいけるかがカギなのだ。

ロマンを追求するにつれ、様々な経験を得、包容力もついてくる事で、相手を思いやる心の余裕も生まれてくる。モテ続けるという事はもれなく持久力が必要。『双龍門気功法』の一つ腎強化の『タントウコウ』を十分にこなして『腎』を鍛え、年齢を重ねる程に磨きがかかった粋なモテる男を目指し、心から幸せになるべく努力しようじゃないか。

PS.
マレーシア在住の起業家、真田さんの帰国に合わせた第一回オフラインアクティビティイベントが文字通りあっというまに満員御礼となった。悲しい事に僕は今回参加できないが当日参加される方は思いきりハッスル、エンジョイしてもらいたい。

汗をかくのでタオルと動きやすい服は必須。着替えが必要と思う方は着替えも準備しつつ、当日のイベントを満喫してほしい。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、女性にはもちろん、年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在890名超え。日々活発な意見交換がされている。

生涯に渡りバイ○グラ不要な充実したナイトライフを送るには『腎』の強化が不可欠。

絶倫になりたいと望むなら、ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

肝臓腎臓強化部に参加する