モテる男になるために肝臓と腎臓の強化を気功で行う男のための部活動

「青木さん、いつもと何か違う・・!」

双龍門第76代継承者:黄 龍英先生から教えてもらった『双龍門気功法』を続けて4日後の事だった。

 

愛しの彼女とデートをし、しばらくして夜の営みを始めた時の事。

下半身に明らかに今までと違う感覚を覚えた。熱を持って、あそこに血が集まっているような感覚。

30歳を過ぎた頃から夜の生活が弱くなったと実感していたのが、2回を過ぎても元気なままだった。

彼女 「青木さん、いつもと何か違う・・!」

仕事でも集中力の違いを感じるように。

毎日約300通メールがくる中で、瞬時に優先度を把握し的確に指示を出す。

顧客向けパワーポイントの作成時も立案、構成のアウトライン、必要な情報の収集、根拠の妥当性を把握。
それらを瞬時にイメージ、実現化できるようになっていた。

↓

青木 「もしかして『双龍門気功法』はものすごい体操なのかもしれない・・
     
『双龍門気功法』をもっと多くの人に知ってもらった方がいいんじゃないか・・」

そう思って真田さんと相談し、黄 龍英先生とも交渉を重ね、2か月後にようやく話がまとまった。

「『双龍門気功法』を全て修得し、もっと多くの人に『双龍門気功法』の良さを広めよう。」その信念を持って『双龍門気功法』とともに、『モテる男の肝腎気功強化部』が立ち上がったのだ。